ホームアマチュア無線機器トップBEACONトップOnlineとーきんぐ > No.206 「100円ショップの価値あるアクセサリー」その2

Onlineとーきんぐ


前の記事  | 

No.206 「100円ショップの価値あるアクセサリー」その2

100均といえば単3アルカリ乾電池とイメージするほど、ボタン電池、006P乾電池などを含む単1~単4乾電池の利用者が増える傾向にあり、100円ショップの実力に磨きがかかってきました。1パック6本108円、1本あたり18円の乾電池が喜ばれるのは、乾電池の長持ち度、液漏れがし難くなったなど目に見える形での品質向上が多くの消費者から支持される理由と考えられます。今回もPC・スマホ関連の売り場で見つけた価値あるアクセサリーの後編をお届けいたします。

photo

小規模な店舗ながら充実の100円ショップ(東京都中央区)

USB LEDライト

photo

USB LEDライト

photo

ノートPCのUSBポートに挿したLEDライト

このLEDライトはPCなどのUSBポートに差し込み、暗い場所でキーボードの照射に便利なように作られています。角度調整自在なフレキシブルなアームの長さ約15㎝、発光色は白で間接照明の部屋でノートPCを操作するときに、手元を照らすのに便利に使えそうです。コアウェーブ(株) 100円+消費税。

いろいろなLEDライト

photo

撮影用に改造したLEDライト

photo

4LEDタッチライトブロック

どれも100円のLED照明器具を集めてみました。インスタグラムを楽しんでいる人は、照明にも凝っていてハンディビデオライトを持ち歩いているようです。その代わりになる物を探してみました。写真中央部の丸型と長方形のライトは、LEDのビームが直接、撮影対象に当たりますから不向きです。左と右上のライトは優しい光が得られますので、このタイプがお勧めです。光軸ビームが出る長方形のライトを分解し、LEDと透明カバーの間に裁縫用品のマジックテープを挿入してみると、光が拡散して撮影用としてよい感じになりました。(株)大創産業 100円+消費税。

TVアンテナ2分配器

photo

左からエレコムDH-ATSPとコアウェーブCW-147TV

photo

TVアンテナ2分配器CW-147TV

TVアンテナ2分配器CW-147TVです。アンテナコンセント(1か所)から2台のテレビなどに接続できる分配器です。全端子通電型(全ての端子が通電するので複数のテレビで衛星放送を受信する場合に使用する)の分配器でCS、BS、UHF、VHF、FMに対応します。コネクタの形状はF型端子、周波数帯域:5~2650MHz、サイズ : 55(W) x 145(H) x 17(L)mm。

アマゾンで調べると、CW-147TV価格は280円でした。手元で使っているエレコムのアンテナ2分配器DH-ATSP(1800円)に入れ替えてみましたが全く問題なく使えました。コアウェーブ(株) 100円+消費税。

オーディオ延長コード

photo

オーディオ延長コード

photo

ボリュームコントローラー付き延長コード

このオーディオ延長コードは手元でボリューム調整ができるため、iPod touchなどオーディオプレイヤーをバッグやポケットから取り出さずに音量が変えられるアクセサリーです。コードの両端にφ3.5mmステレオミニプラグ、φ3.5mmステレオミニジャックを使用して中間にスライド式ボリュームコントローラーが入っています。ケーブル長は50㎝なので、コードが短めのヘッドホンと組み合わせるとちょうど良い長さになります。付属のクリップで胸ポケットなどに挟みコードを固定できます。(株)ECore 100円+消費税。

低反発イヤーピース

photo

低反発イヤーピース

photo

SONYのイヤホンに装着してみた

これは低反発のウレタン製イヤーピースです。直径5.5~6㎜のイヤホンに対応しています。効能書きにある「遮音性が高く雑音をカット」はあまり感じませんが、耳にやさしいフィット感が気に入りました。専用パーツは400円~4,000円まで幅があり、気軽に試すわけにいきませんが、100円商品ならすぐにも試してみたくなります。実際にSONYのイヤホンに装着して試聴してみたところ、長い時間装着していても耳が痛くならなかったのは事実です。(株)アットキュー 100円+消費税。

おわりに
100円ショップの単3アルカリ乾電池(6本)がなぜ108円で売れるのかを考えてみました。"ダイソー"は国内で3,150店舗ありますから、一店舗に10個の商品を置くとすると総量は31,500個となり、仕入れ値はかなり下げられるものと想像できます。納入者は値を下げても多くの商品を納めることができるために取引を望み、消費者を含む三者はそれぞれに恩恵を受ける関係にあることから、100円ショップの業態が確立したと考えられます。今後もエレクトロニクス系アクセサリーの一層の充実と品質の向上を期待しています。


前の記事  | 
←記事一覧