HFオールバンド +50MHz(SSB/CW/RTTY/PSK31/AM/FM)100W トランシーバー

IC-7600

  • 2年間保証
  • 2アマ免許 以上
  • 希望小売価格 ¥398,000 +税
  • 技術基準適合証明(工事設計認証)取得機種
IC-7600 line
IC-7600M<50W タイプ>
3アマ免許 以上
希望小売価格 ¥398,000 +税
2009年度 グッドデザイン賞受賞
ダウンロード
alt カタログダウンロード新機能追加モデル カタログダウンロード

追加/強化された機能が、ワンランク上の運用を実現します。

バンドスコープにウォーターフォール表示を追加。

バンドスコープにウォーターフォール表示を追加。これまでスコープだけでは判別しづらかった微弱な信号、ノイズに埋もれていた信号を視認することが可能になります。 また、ウォーターフォール表示では、受信信号の履歴を時系列で確認することが可能。 ウォーターフォールとバンドスコープを合わせて表示することにより、バンドの状況、空き周波数等の情報を、より詳細に知ることができます。

バンドスコープ&ウォーターフォール表示
バンドスコープ&ウォーターフォール表示
バンドスコープ&ウォーターフォール表示(ワイド)
バンドスコープ&ウォーターフォール表示(ワイド)

バンドスコープのマウス操作を実現。

USB端子にマウスを接続することで、バンドスコープとマウス操作を連動させ、目的の信号にすばやくアクセスできます。 バンドスコープ&ウォーターフォール表示(ワイド)

  • クリックによる周波数移動。
  • 右クリックによる一時的な周波数移動(クリックをやめれば元の周波数に戻る)。
  • クリック(左右どちらでも可)をしながらのマウス移動でチューニング動作。
  • ※キーボードとマウスを同時に接続するにはUSBハブが必要。

■拡充したCI-Vコマンドに対応。

  • アンテナコントロール

    エレメント可 変アンテナ<(株)工人舎のKA1シリーズ>をアンテナコントローラーを通して、無線機で制御することが可能。無線機のバンド変更に応じて、自動的にエレメント長が可変するのでスムーズなマルチバンド運用が可能になります。
    アンテナコントロール
    注) 2015年5月18日現在、対応しているアンテナは(株)工人舎のKA1シリーズです。
    その他のアンテナメーカー側の対応は未定です。

  • ログソフト連携

    今回のバージョンアップにより、スプリット運用時やデュアルワッチ時における2つの周波数/モード/データ/FILの読み出し/設定に対応しています。
    アンテナコントロール
    注) 2015年5月18日現在、ログソフト側の対応は未定です。

  • RIT/儺Xコマンド

    RIT/儺X周波数の設定と読出。RITのON/OFF設定と読出。儺XのON/OFF設定と読出に対応しています。これによりQSO確定時にログソフトからRITをクリアすることが可能となり、特にコンテストにおける実戦力が高まります。
    注) 2015年5月21日現在、ログソフト側の対応は未定です。

■APF AFレベルの設定

APF機能(オーディオ・ピーク・フィルター)は、通過帯域を0〜6dBまで1dBステップで設定することが可能。最適なレベルに設定することで、S/Nを改善し了解度を高めます。

■リニアアンプ等の外部機器制御に有効な送信ディレイ設定

送信ディレイ設定(OFF/10ms/15ms/20ms/25ms/30ms。
HF/50MHz帯で独立設定が可能。)に対応。リニアアンプ等の制御に効果を発揮します。