生産終了品

144/430MHz トランシーバー

IC-V1/IC-U1

  • 4アマ免許 以上
  • 技適取得
  • 生産終了品
IC-V1/IC-U1 line
IC-V1
144MHz
IC-U1
430MHz
DIGITAL
ダウンロード
取扱説明書ダウンロード カタログダウンロード

ハイパワーとデジタルボイス(DV)モードに対応したハンディトランシーバー

  • ハイパワー7W(IC-V1)出力
  • タフネス!堅牢設計ボディ
  • シンプル操作設計

おもな特長

■送信出力ハイパワー7Wを実現(IC-V1)

送信段には、低電圧で動作するパワーMOS-FETを採用。これにより、付属のバッテリーパック(BP-222N 7.2V 600mAh)でハイパワー7W(IC-V1)の送信出力を実現しています(IC-U1は5W)。また送信出力は状況に応じて3段階切り換えができます。

  LOW MID HI
IC-V1(VHF) 0.5W 4.0W 7.0W
IC-U1(UHF) 0.5W 2.0W 5.0W

表示内のメーター

  LOW MID HI
RFメーターの表示 low MID HI

■D-STAR®標準方式に沿ったDV(デジタルボイス)モード対応

オプションのデジタルユニット(UT-118)を装着することで、デジタル音声通信に加え、同時にデータ通信(約950bps)が可能です。例えば、本機 と市販のハンディGPSレシーバー(出力ポート付き)を本体側面にあるDATA端子に接続すれば、本機の表示画面でGPSからの測位情報を確認することができ、受信した測位情報をDV(デジタルボイス)モードで送信し、あらかじめ本機とPCを接続した局が受信すれば、パソコンに表示された地図上で相手の位置を確認することができます。そのほか、簡易なメッセージの送受信も可能です。

PCには市販の地図ソフト(GPSデータNMEA0183の入力対応)をインストールする必要があります。

ボイスモード
※1 GPSデータは、本機の側面パネル(DATA端子)とGPSレシーバーのRS-232C端子をクロス変換を介して接続します。
※2 RS-232C端子を装備しているGPSレシーバー(市販品)をご使用ください。

接続ケーブル
IC-V1/U1はGPSが出力する次のNMEAセンテンスに対応しています。 「RMC、GGA、GGL、GSA、VTG」接続ケーブルについては、上記の物をご用意ください。

■堅牢設計

業務仕様の堅牢性を実現するために、外装材にポリカーボネイト樹脂、内部にはアルミダイキャスト製シャーシを用いたモノコック構造により、堅牢性を向上させています。タフなアウトドア使用にも音を上げません。

■誰もが使える!シンプル操作

シンプル操作

必要最小限のツマミ/スイッチ類を集約することで、カンタン明快な操作性を実現。また、適度な大きさの筐体とあいまって抜群のホールド感と操作性を誇っています。さらに、操作性を向上させるために、ダイヤルとボリュームの入れ替え機能も搭載しています。


■アルファニューメリック表示

液晶表示部には視認性に優れた、アルファニューメリックによるアルファベット表示を採用し、情報を一目で把握できます。

■メモリー機能群

メモリーは最大200chまで使用可能。また、CALLチャンネル1chとプログラムスキャンエッジメモリ3組(6ch)を装備しています。すべてのメモリーチャンネルで運用周波数のほかに、

  • デュプレックスのON/OFF
  • シフト方向(+/−)
  • オフセット周波数
  • トーンスケルチのトーン周波数と運用モードのON/OFF
  • レピータアクセス用トーン周波数
  • DTCSコード・極性
  • メモリーバンク
  • スキップチャンネル
  • チューニングステップ
  • 受信モード
  • 送信出力設定
  • メモリーネームのON/OFF
  • コールサイン(相手局、レピータのみ)
  • デジタルコードスケルチのON/OFF
  • デジタルコールサインスケルチのON/OFF
を記憶できます。

■バンクメモリー機能

バンクメモリー

200CHに書き込んだメモリーチャンネルの内容を10個のバンク(A、B、C、D、E、F、G、H、I、J)に分割して編集可能。さらに各バンクには、0〜199および1A〜3Bのすべてのメモリーチャンネルを割り当てることができます。

■メモリーネーム機能

各メモリーにはアルファベット、数字、記号を使用して、6文字以内で名前(ネーム)を入れることができます。

LOCAL
メモリー30chに「LOCAL」とネームを付けた例
文字入力一覧
文字入力一覧表

■オートインクリメント機能

メモリー書き込み後、[V/M/C(MW)]スイッチを押し続けることで、1CHだけ自動的に繰り上がり、VFOモードになります。 メモリーチャンネルを続けて書き込みをするときに大変便利な機能です。

■多彩なスキャン機能群

目的に応じて最適なスキャンがお選びいただけます。

  • フルスキャン
  • プログラムスキャン
  • メモリースキャン
  • メモリーバンクスキャン
  • SKIPスキャン
  • プライオリティスキャン
  • トーンスキャン

■CTCSSおよびDTCSのエンコード/デコード機能

CPUにCTCSSおよびDTCS機能を持たせ、快適な待ち受け受信に最適な多彩なトーン運用を可能にしています。また、トーンスケルチおよびポケットビープ®機能も標準装備しています。

■カンタンSETモード

SETモードおよび、イニシャルSETモードを搭載し、あらかじめよく使う機能をセットしておくことで、運用時の操作を最小限にすることができます。

■その他の機能

  • DTCS位相反転機能の設定
  • デュプレックスの設定
  • デュプレックス反転の設定
  • ファンクションキータイマーの設定
  • LCDバックライト設定(5秒間点灯、常時点灯、OFF)
  • 通過帯域ワイド/ナロー
  • ビープ音(操作音)設定
  • タイムアウトタイマー機能
  • オートパワーオフ機能
  • スケルチディレイ設定
  • メモリーモード中の表示設定(周波数表示、チャンネル表示、ネーム表示のいずれかを選択)
  • LCDコントラスト機能
  • パワーセーブ機能
  • MONIホールド機能
  • ダイアルスピード機能
  • Sメータースケルチの設定
  • ALC機能
  • DTMF機能(オプションUT-108が必要)
  • マイク・シンプルリモコン機能(オプションHM-75Aが必要)
〈DVモード時のおもな機能群〉
  • 自動応答機能
  • 着信コールサインの自動書き込み機能
  • GPSデータの自動送出機能
  • デジタルコールサインスケルチ機能

バッテリー運用時間の目安

バッテリーパック 運用時間
IC-V1 IC-U1
BP-209N <Ni-Cd> (7.2V/1100mAh) 約3時間20分 約3時間40分
BP-210N <Ni-MH> (.2V/1650mAh) 約6時間 約7時間
BP-211N <Li-Ion> (7.4V/1800mAh) 約6時間10分 約8時間15分
BP-222N <Ni-Cd> (7.2V/600mAh) 約2時間15分 約2時間50分

(送信1、受信1、待ち受け8、パワーセーブAutoにて)

 

■おもな付属品

  • BC-146 卓上充電器(リチウムイオンバッテリーパックは充電できません)
  • BP-222N ニカドバッテリーパック(7.2V/600mAh)
  • ベルトクリップ
  • アンテナ

D-STARは社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。
アイコム株式会社、アイコム、ICOMロゴ、ポケットビープはアイコム株式会社の登録商標です。