生産終了品

コミュニケーションレシーバー

IC-R8500

  • DC電源仕様 希望小売価格 ¥166,000 +税
IC-R8500 line
ダウンロード
alt

高品位な受信性能を確保した通信機型の本格派レシーバー

■ハイレベルな受信感度

HF帯のフロントエンドには、多分割化したバンドパスフィルター、バランスドタイプの第1ミキサーなどを採用し、優れた受信感度を確保しています。また、V/UHF帯では、PLL回路のVCO電圧に同期させるFET-RFアンプを盛り込んだチューンド・フィルター(BPF部)などを採用し、高感度を維持しながらも、高い多信号特性も実現しています。

■IFシフト/APF機能

IF シフト機能とAPF機能(オーディオ・ピーク・フィルター)。IF シフト機能は、SSBの受信時に効果的な混信除去機能で、受信している周波数付近に妨害信号が出ているとき、IFフィルターの通過帯域を電気的に変化させて混信を減衰できます。また、APF機能(オーディオ・ピーク・フィルター)は、通過帯域を選択(2段階)できますので、FMなどを受信しているときにはトーンコントロールとして、またCWを受信しているときは、ピークフィルターとして目的の信号を聞きやすくします。

■広帯域で多彩なモード

受信レンジは、0.1〜1999.99999MHz(一部周波数帯を除く)までの超広帯域をカバー。しかも各種無線通信、ラジオなどを受信できる、多彩なモードを搭載し、あらゆる無線通信のモードに対応します。

MODE WFM FM AM SSB CW FM-N AM-W AM-N CW-N
標準搭載 オプション
FL-52A(CWナローフィルター)が必要

■大容量メモリー(1000ch+20ch)

通常メモリーとして使用する1000chの大容量を搭載。周波数はもちろんのこと、モードやチューニングステップに加え、受信アッテネーターの情報も同時に記憶できます。このメモリーチャンネルは40chずつ20個のメモリーバンクとオートライトエリア100ch、スキップエリア100chに分かれています。しかも、それぞれのバンクに5文字、各メモリーチャンネルには8文字までのタイトルも書き込めるうえに、用途に合わせて自由にメモリーチャンネルを増減できるので、効率のよいメモリーchの利用が図れます。しかも、メモリー内容の編集に便利なメモリーコピー機能も搭載しています。また、プログラムスキャンエッジ記憶用として、10組20chを用意しています。

多彩なスキャン機能

  • プログラムスキャン
    あらかじめ指定した範囲をサーチ。

  • メモリースキャン
    メモリーチャンネルを順番にサーチ。

  • モードセレクトスキャン
    メモリーチャンネルの中で、あらかじめ指定したモードを記憶しているチャンネルだけをサーチ。

  • オートメモリーライトスキャン
    スキャン中に受信した周波数を自動的にメモリーに記憶。

  • メモリーセレクトスキャン
    聴きたいメモリーチャンネルだけを指定してサーチ。

  • プライオリティスキャン
    一定の時間ごとに、指定したチャンネルを受信。また、プライオリティスキャンと他のスキャンを同時に設定可能。
さらに、上記の各スキャン機能をもっと意のままに操るための付加機能。
  • VSC機能
    音声の出ている信号だけスキャンストップします。

  • スキャンディレイ機能
    スキャンストップ後、再スタートするまでの時間が設定できます。

  • SKIP機能
    あらかじめ指定された、メモリーチャンネル番号および周波数をスキップできます。

  • RECリモート機能
    信号を受信したときだけ、RECリモート端子がONになります。

  • RECスピーチ機能
    オプションの音声合成ユニット(UT-102)を装備すれば、信号を受信するだびに、その周波数をアナウンスできます。

■外部コントロール端子

従来のCI-V端子(Icom Communication Interface-V)の装備はもちろんのこと、さらに、RS-232Cタイプのコネクターも装備しています。

別途ドライバソフトが必要です。

■抜群の周波数安定度

1個の基準クリスタルでPLL/DDS回路を制御する1クリスタル方式を採用。基準クリスタルにはTCXOを採用し、すぐれた周波数安定度を実現しています。また、オプションの恒温槽タイプのクリスタルユニットも用意しています。

内蔵TCXO 恒温槽タイプ(CR-293・オプション)
HF帯 ±100Hz以下(-10℃〜+50℃) ±20Hz以下(±0℃〜+50℃)
V/UHF帯 ±3ppm以下(-10℃〜+50℃) ±0.6ppm以下(±0℃〜+50℃)

■多彩なチューニング機構

回転ダイヤルとキーボードを使ったデュアル選局機能に加え、メモリーチャンネルの呼び出しもキーボードから簡単に操作できます。また、チューニングステッ プは、 10Hz/50Hz/100Hz/1kHz/2.5kHz/5kHz/9kHz/10kHz/12.5kHz/20kHz/25kHz/100kHz/1MHz から選択できます。さらに、0.5〜199.5kHzの間で任意にステップ(0.5kHz-STEP)の設定ができます。もちろん、メモリーに周波数や モードと一緒に記憶できます。

■最小10Hzステップ

発振回路に3つのDDSユニットを採用したことにより、全受信周波数帯域で、最小チューニングステップ10Hzの高精度を実現しました。SSBやCWなどの微妙なチューニングも高精度に行えます。

■Sメータースケルチ

一般のノイズスケルチに加え、一定レベル以上の強さがある信号だけを受信するSメータースケルチ機能を新たに搭載。あらかじめSメーター上で受信しようとする信号のレベル強度を設定しておけば、近隣エリアの局や高出力局など目的局を絞り込んだ電波受信に効果的です。

■デジタルAFC回路

FM、WFMモードの信号を受信しているとき、相手信号の周波数変動に対して、自動的に中心周波数まで追尾するデジタルAFC回路を搭載。とくに1000MHzを超える高い周波数の受信時に安定した受信を可能にします。

MODE
FM WFM
100Hz単位で動作 1kHz単位で動作

■ノイズブランカー回路

ノイズの影響を受けやすいSSBモードを快適に受信する ために、ノイズブランカー回路を搭載しました。クルマ のエンジン部などが発生源となるパルス性イグニッショ ンノイズもクリアに軽減できます。

■その他の機能群

  • 3系統のアンテナ端子を装備(0.1〜30MHz M型、ピンジャック/30〜2000MHz N型)
  • スリープタイマー機能(30/60/90/120分)
  • 受信アッテネーター
  • センター周波数インジケータ(FM/WFMモードのみ)
  • AGC回路搭載
  • ディスプレイバックライト機能
  • メインダイヤルテンション調整機能
  • オートTS機能
  • メインダイヤル/パネルロック機能

■おもな構成品

  • OPC-023C(電源ケーブル)