新製品

より快適、さらに便利な デジタル簡易無線
  • デジタル無線とは?
  • 構成例
  • 製品ラインアップ
  • お問い合わせ

デジタル無線とは?

電波法が改正され、これまでのアナログ簡易無線機(400MHz帯)は2022年11月30日までしか使用できなくなりました。これは、より狭い帯域幅で通信できるデジタル方式へ移行することで、限られた電波資源を有効に活用するためです。

デジタル簡易無線機には、電波資源の効率利用のほかにも優れた特長があります。そのひとつが高い秘話性能です。秘話コードをかけることで第三者からへの情報漏えいの危険性を低減できます。また、デジタルならではのクリアな音質や、豊富なチャンネル数とユーザーコードによる混信可能性の低減など、次世代の無線機に相応しい機能を有しています。

デジタル簡易無線機には免許局と登録局があり、使用用途などに応じて選ぶことができます。 とくに登録局は、かんたんな登録手続きだけで使えるため、従来は免許取得が必要だった高出力の無線機を手軽に導入することができます。

デジタル無線の種類

免許局/登録局の二種類に分類されます

※1 使用前か事後に、免許人による届出が必要
※2 1局当たり年間450円(包括登録申請)/600円(登録申請)(2017年10月1日現在)

デジタル簡易無線機の特長

高度な秘話機能

高度な秘話機能

32,767通りもの秘話鍵をかけることで、高い秘話性能を実現。高い機密性を要求される業務における盗聴などの危険性を低減します。


混信しにくい100ch実装

混信しにくい100ch実装

デジタル65ch+アナログ35ch の合計100chを実装。豊富なチャンネル数が、混信の可能性を抑えます。
(IC-DU5505CN、IC-DU5505C、IC-DU65C、IC-DU55C)

明瞭な音声

明瞭な音声

デジタルモードでの運用時は、雑音の少ないクリアな音声で通話できます。
長時間に渡る使用時に最適です。

ユーザーコード通信に対応

ユーザーコード通信に対応

511通りのユーザーコードを設定可能。
同じコード同士の通信のみを許可することで効率的な連絡ができます。

デジタル/アナログ両モードを搭載

デジタル/アナログ両モードを搭載 

デジタル/アナログを簡単に切り替えることができるデュアルモード機ですので、従来のアナログ機で構築した通信システムへの導入も可能。アナログ機(UHF帯使用機)が使用でき なくなる2022年に向けて、スムーズな環境移行を実現します。
(IC-DU5505CN/IC-DU5505C/IC-DU65C/IC-DU55C)

構成イメージはこちら
IP回線接続による運用範囲の拡大

IP回線接続による運用範囲の拡大   

地下・地上などの電波が届きにくい場所をIP ネットワークで接続。電波を遮る床や壁を超えて、トランシーバーでの通話を実現します。また、高所に設置した送受信機をIP ネットワーク経由でリモ ート制御できます。
(IC-DU5505CN)

構成イメージはこちら