生産終了品

ワイヤレスブロードバンドルーター(VoIP対応)

SR-5200VoIP

生産終了品

SR-5200VoIP line
ダウンロード
取扱説明書ダウンロード

電話コストを低減する050番号IP電話システムを構築。無線IP電話最大18系統の同時通話を実現。

  • 050番号IP電話対応、しかもワイヤレス。
  • 中小規模事業所向けの低コストなシステムを構築可能。
  • 最大18系統の通話を実現するワイヤレスIPフォンシステム。
  • 無線LANサービスエリアの拡張や無線子機の増設も可能。
  • 高品質な音声通信に貢献するVoIP優先QoS機能を搭載。
  • SIPによる高品質通話を実現。
  • 暗号化方式OCB AES等の強固なセキュリティ。
  • 3ポートスイッチングハブ(Auto MDI/MDI-X対応)を搭載。

対応するIP電話サービス

アンテナ取付に関するご注意
技術基準適合証明を取得していますので、弊社指定以外のアンテナは使用できません。

050番号IP電話対応、しかもワイヤレス スモールオフィス所向けの低コストなシステム

050番号IP電話サービス(上記)に対応し、子機からはワイヤレスで通話できます。本製品などでIP電話システムを構築すれば、社内や拠点間の通話は無料※1で通話コストを大幅に削減できます。その他、IP電話でかけられない相手先にもNTT一般電話で発信※2できます。さらに、高価なSIPサーバなどは不要のため低コストでシステムを導入できますのでスモールオフィスにも最適です。

※1 同じプロバイダ契約者同士や提携プロバイダ契約者同士の通話料金が無料です。
※2 簡易中継サーバ機能使用時はプリフィックスを付けてダイヤルすることによりNTT加入電話で発信します。別途NTT一般電話回線の契約が必要です。

通話料金表(FUSION IP-Phoneの場合〈税込〉)※

2005年11月現在。料金は変更される場合があります。

最大18系統の通話を実現するワイヤレスIPフォンシステム

SR-5200VoIPの簡易中継サーバ機能により、無線子機VP-43から外線/内線通話を実現します。無線IP電話は最大18系統の同時通話が可能です(親機に最大18台登録可能)。さらに親機のSR-5200VoIPから2系統(アナログ電話機を2台有線接続可能)を加えて、最大20系統のIP電話通話を実現できます。無線子機としてVP-43の他、パソコンデータと音声データを無線伝送するワイヤレスVoIPアダプターSE-50VoIPを使用することもできます。ダイヤルイン機能による子機の鳴り分けも可能です。

「FUSION IP-PHONE」複数番号パック/チャネルアップサービスが利用できます。

構築例

1台の無線LANアクセスポイントに同時接続する無線子機は6台以下を推奨(他のデータ通信量により異なります)

無線LANサービスエリアの拡張や無線子機の増設も可能

必要に応じて無線LANアクセスポイントを増設すれば、無線LANサービスエリアの拡張が可能です。

無線LANサービスエリアの拡張

高品質な音声通信に貢献するVoIP優先QoS機能

安定した音声通話を実現するVoIP優先QoS機能を搭載。音声データ(TOS<Type Of Service>付き)を優先して送信するため、それ以外のデータ通信量を制限し高品質なIP電話通話を実現します。

IP電話と一般電話を自動判別

IP電話または一般電話いずれかの電話番号をプッシュすれば、本製品側で利用回線を自動で判別し接続を行います。IP電話の着信時も、電話機のコール音でお知らせします。

SIPによる高品質通話を実現

IP電話の標準プロトコルSIPを採用しています。また、高品質な通話が可能な音声コーデックG.711と、狭帯域で通話ができるG.729aにも対応し、IP電話による通信回線の負担を減らすことができます。

無線LANは802.11a(J52)/b/g対応(切替方式)、IP電話は1台につき2系統を確保

無線LANは、既存の3規格である802.11a/b/gに対応(切替方式)。さらに、IP電話を1台につき2系統確保し、2台の電話機を接続できます。

暗号化方式OCB AES等の強固なセキュリティ

米国政府の次世代標準暗号化セキュリティを用いたOCB AESと普及タイプのWEPを搭載。さらに暗号化認証方式WEP-PSK※にも対応しています

端末側の対応OSはWindows® XP SP1以降およびWindows® XP Wireless Protected Access サポート修正プログラムをご使用下さい。

アクセスポイント間無線通信を実現。無線IP電話も構築可能

無線アクセスポイントとして機能しながらも、アクセスポイント間無線通信(接続は最大6台54Mbps通信)を実現します。本機能を利用して、無線IP電話も簡単に構築できます。また、ローミング機能を利用してサービスエリアを拡大する場合、従来のようにアクセスポイント同士をつなぐためのLANケーブルの敷設は不要でスマートな設置が可能です。

3ポートスイッチングハブ

SR-5200VoIPは本体に3ポートスイッチングハブを搭載していますので、別途ハブを用意することなく、すぐに有線ネットワークを構築することができます。また、Auto MDI/MDI-X対応により、クロス/ストレートケーブルの接続を自動認識します。

オンラインによるファームウェア更新

Webブラウザ設定画面からオンラインで、最新ファームウェアの確認/更新作業を行うオンラインバージョンアップが可能です。また、パソコンにファームウェアをダウンロードした後、Webブラウザ設定画面の操作によって更新作業を行うこともできます。

送信出力可変機能

送信出力可変機能は、複数のSR-5200VoIPがカバーする通信エリアの重複を最小に制御して、無線LAN端末が複数の無線LANアクセスポイントから電波を受けて起こる電波干渉や一部の無線LANアクセスポイントへ接続が集中することを回避します。

負荷分散機能

負荷分散機能は、一台のSR-5200VoIPに接続できる無線LAN端末の数を制限し、アクセス数の偏りを防ぎ、効率の良いデータ伝送に貢献します。

VPN(PPTP)パススルー機能

VPN(PPTP)パススルーに対応していますので、自宅などの本製品で構築したLAN内のパソコンから、インターネットを経由して、遠隔地にある社内LANなどのVPN(Virtual Private Network)サーバにアクセスすることができます。

各部名称

その他の特長

  • ルーター
    • 光ファイバー/ADSL/CATVに対応する高速ルーティング機能
    • PPPoEクライアント機能(2セッション対応)
    • DHCPクライアント機能
    • ステルス機能(PING拒否)
    • PPPoEマルチセッション
    • 複数固定IP対応(Unnumbered機能)
    • UPnP対応
    • NAT/IPマスカレード(動的/静的)
    • DNS代理応答
    • 簡易DNSサーバ(SR-5200VoIPのみ)
    • 動的(RIP、RIP2)/静的ルーティング
    • DMZ対応
    • IPフィルター(パケットフィルタリング)
    • URLフィルタ
  • 無線LAN
    • アクセスポイント間無線通信機能
    • 送信出力可変
    • 負荷分散(端末接続台数制限)
    • 11g保護機能
    • 時間帯接続制限
    • 端末間無線通信禁止機能
    • ローミング機能
    • MACアドレスフィルタリング
    • SSID(ANY接続拒否)
    • RTS/CTSスレッシュホールド
    • 無線LAN停止機能
  • IP電話
    • 相手先電話番号(SIP URI)を200件登録可能
    • IP電話のエコーを低減するエコーキャンセラ機能
    • セレクト着信(なりわけ機能)
  • その他
    • デュアルバンド対応ダイバーシティーアンテナ
    • SNMP対応
    • DHCPサーバー(静的も可能)
    • SYSLOG
    • NTPクライアント(内部時計自動設定)
    • ファームウェアのバージョンアップ機能
    • Webブラウザ/TELNETメンテナンス
    • 管理者ID設定
    • 管理者IP登録
本製品同士でインターネットを経由したIP電話(ピアツーピア)が可能です。本製品自体にグローバルIPアドレスが与えられる環境が必要です。ダイナミックDNSクライアント機能により、動的にグローバルIPアドレスが割り当てられる環境でもご利用いただけます。

無線LAN部(IEEE802.11a)

サポート規格 IEEE802.11a(J52対応)準拠(国内標準規格)ARIB STD-T71
伝送方式 直交周波数分割多重方式(OFDM)単信
使用周波数範囲 5.2GHz帯(全4ch)
通信速度 54Mbps(理論値)
最大伝送距離(見通し) 室内約30m

無線LAN部(IEEE802.11g/b)

サポート規格 IEEE802.11g/IEEE802.11b準拠(国内標準規格)ARIB STD-T66
伝送方式 (IEEE802.11g) 直交周波数分割多重方式(OFDM) 単信
(IEEE802.11b) 直接スペクトラム拡散方式単信
使用周波数範囲 2.4GHz(全13ch)
通信速度 (IEEE802.11g)54Mbps(理論値)
(IEEE802.11b)11Mbps(理論値)
最大伝送距離(見通し) 室内約30m
オープンスペース(IEEE802.11g)約30m、(IEEE802.11b)約70m

無線LAN共通部

セキュリティ WPA-PSK(使用する暗号化方式はAES/TKIP)、OCB AES(128bit)、WEP(64 /128/152bit)、MACアドレスフィルタリング
グループ通信 SSID(ANY機能対応)
送信出力 10mW/MHz以下
アンテナ デュアルバンド対応ダイバーシティーアンテナ

有線LAN部

サポート規格 IEEE802.3準拠(10BASE-T)、
IEEE802.3u準拠(100BASE-TX)
インターフェイス RJ-45型×3ポートスイッチングハブ(Auto MDI/MDI-X対応)

WAN部

サポート規格 IEEE802.3準拠(10BASE-T)、
IEEE802.3u準拠(100BASE-TX)
インターフェイス RJ-45型×1
適用回線 光ファイバー/ADSL(xDSL)/CATV
(ONU/モデムなどが別途必要)
ルーティング方式 動的(RIP、RIP2)/静的
アドレス変換方式 NAT/IP マスカレード(動的/静的、DMZ対応)
プロトコル TCP/IP
セキュリティ パスワード、IPフィルター(パケットフィルタリング、ステルス機能(PING拒否)

VoIP部

呼制御プロトコル SIP
コーデック G.711、G.729a

アナログ(電話)部

インターフェイス アナログポート(RJ-11型)×2

PSTN(公衆交換電話網)部

インターフェイス アナログポート(RJ-11型)×2

一般仕様

本体設定 簡単設定ソフト/Webブラウザによる設定/TELNET
電源 DC12V±5%(付属のACアダプターより供給)
消費電力(参考値) 1.5A以下
使用温度範囲 0℃〜+40℃(結露しないこと)
外形寸法 40(W)×140(D)×150(H)mm(突起物、スタンドを除く)
重量 約430g