ビル間通信ユニット

SB-900

希望小売価格 ¥160,000 +税

SB-900 写真を拡大 line

IEEE802.11ac準拠、2.4GHz/5.6GHzの同時通信可能な高速ビル間通信ユニット

SB-900は、IEEE802.11ac規格に準拠したビル間通信ユニットです。2.4GHz帯と混信の少ない5.6GHz帯(W56)の同時通信が可能です。また、W56を活用するにあたって障害となるDFS(Dynamic Frequency Selection)による通信途絶を回避する子機ローミング機能を装備し、安定した運用を実現します。

  • 5.6GHz帯(最大867Mbps※1)、2.4GHz帯(最大300Mbps※1)の同時通信が可能。
  • 外部アンテナ使用時、5.6GHz帯は約1km、2.4GHz帯は約4km※2のブリッジ通信を実現。
  • 冗長構成により気象レーダーの影響による通信途絶を回避できる子機ローミング機能を搭載。
  • 内部/外部アンテナを選択可能。
  • 防塵・防水(IP54)・寒冷地仕様(−20℃対応)、避雷器不要。
※1… 通信速度は理論値です。
※2… 通信距離は目安で、通信環境により大きく異なります。

2.4/5.6GHz帯での高速同時通信が可能

最大867Mbpsの5.6GHz帯(W56)、最大300Mbpsの2.4GHz帯(通信速度はともに理論値)の同時通信が可能です。また、アクセスポイントとしてクライアントとの通信もできます。


DFSによる通信途絶を回避

W56では気象レーダーの電波を検出すると自動的にチャンネルを変更するDFS機能の実装が義務付けられており、通信が途切れることがあります。本製品は、ペアで設置することでシームレスなチャンネル変更を実現し、通信途絶を回避する子機ローミング機能を搭載しています。


内部/外部アンテナを選択可能

内部アンテナ及び外部アンテナを選択して使用することができます。内部アンテナは2.4/5.6GHz帯デュアルバンドに対応しています。内部/外部で異なる帯域を設定することもできます。


防塵・防水・寒冷地仕様、避雷器不要

防水・防塵構造IP54 を実現しています。また、−20℃〜+50℃の広い温度範囲で動作しますので、寒冷地などでの設置、運用も可能です。さらに、アンテナケーブルと本体アンテナ端子間に挿入する同軸避雷器が不要です

※長いイーサネットケーブルで配線する場合、イーサネットケーブルの給電部にも避雷対策を行うことをおすすめします。


その他の機能

  • SNMP
  • パワーレベル調整機能
  • DFS機能
  • ギガビットイーサネット
  • 仮想AP機能(最大16)
  • ANY接続拒否
  • 暗号化設定
  • 接続端末数制限
  • プロテクション機能
  • パワーレベル調整機能
  • MACアドレスフィルタリング(1024件/各仮想AP)
  • ネットワーク監視機能
  • VLAN対応
  • DHCPサーバー
  • パケットフィルター
  • スパニングツリー
  • RIP v1/v2
  • 無線LANルーティング
  • サイトサーベイ など

付属品

  • 取付金具 MB-89(装着済)
  • イーサネット電源ユニット SA-5
  • アース線 など

技術基準適合認定を受けた無線ユニットを使用していますので、無線局などの免許や操作するための資格は不要です。

アンテナ取付に関するご注意
SB-900は技術基準適合証明を取得していますので、弊社指定以外のアンテナは使用できません。