ホームプレスリリース2004 > 車両を無線中継局として構築できる中継装置を新発売
プレスリリース
2004/02/19

車両を無線中継局として構築できる中継装置を新発売

CT-22

品 名 中継BOX
型 名 CT-22
発 売 日 2004年2月20日
価 格 オープン価格


アイコム株式会社(代表取締役社長 井上徳造)は、中継BOX CT-22を 2月19日に発売いたします。

車両内の車載型無線機※1に、本製品および特定小電力トランシーバー※2を接続すれば、車両から離れた場所の特定小電力トランシーバーから、車載型無線機を介して、基地局との通話ができます。例えば、急を要する業務連絡などをオフィスの基地局から発信した場合に、スタッフが顧客を訪問するのに車から離れていても、その場で連絡を受けることができます。逆に、スタッフから基地局への問い合わせも、現場から即実行できます。

本製品を活用したシステムは、既存の業務用無線システムをベースに、免許不要で廉価な特定小電力トランシーバーを組み合わせますので、多くの業務スタッフが無線機を各自で携帯できるようになり、迅速で確実な業務連絡を実現します。

※1 一般業務用車載型無線機(IC-VM/UM2010MFT)または簡易業務用車載型無線機(IC-VM/UM2005CTM)
※2 特定小電力トランシーバーIC-4800

【おもな特長】

  • 車両から離れた場所で基地局と業務連絡が可能なシステムを構築
  • 約20秒間の警告音をIC-4800からの制御で自動送信可能
  • 本体に接続した外部機器をIC-4800から制御可能
  • 外部スピーカー端子を装備