ホームプレスリリース2016 > 大人気の広帯域ハンディレシーバー「IC-R6」に新色登場 「メタリックレッド」「メタリックブルー」。
プレスリリース
2016/12/09

大人気の広帯域ハンディレシーバー「IC-R6」に新色登場
「メタリックレッド」「メタリックブルー」。

IC-R6

品名 / 型名 広帯域ハンディレシーバー IC-R6 (新色:メタリックレッド、メタリックブルー)
希望小売価格 全色\25,800+税
発売予定 2017年1月下旬発売予定
年間販売予定数 国内外総計:4,000台(カラーバリエーションのみ)

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:福井勉)は、全世界で好調な販売を続ける広帯域ハンディレシーバー IC-R6 の基本色「ブラック」に加え、「メタリックレッド」「メタリックブルー」(希望小売価格 \25,800、税別)を2017年1月下旬より発売します。

今回、広帯域対応のハンディ型受信機としてロングセラーを続けるIC-R6に2色の新色が加わることで、全3色のラインナップからお好みのカラーを選んでいただけるようになりました。

追加する新色は、鮮烈な華やかさのなかにも重厚さを醸し出す「メタリックレッド」と、どこまでも続く澄んだ空の広がりを感じさせる「メタリックブルー」の2色。高性能レシーバーらしい存在感をもつ従来の「ブラック」とともに、3色で展開することで新たなユーザー様にご利用いただく機会の拡大を目指すものです。

アイコムは、今後もより多くのお客様に無線通信の世界をお楽しみいただける施策を展開することで、業界の活性化、シェアの拡大を推進してまいります。

【おもな特長】

  • ブラック、メタリックレッド、メタリックブルーから選べる3色のバリエーション
  • 0.100~1309.995MHzの広帯域をAM/FM/WFMでカバー。(一部周波数帯を除く)
  • 多彩なスキャン機能と100ch/秒※1の高速スキャンを実現。約15時間の長時間受信※2
  • 空線キャンセラーをはじめとした充実のシグナリング機能※3
  • 各種シグナリング機能と併用可能なVSC(ボイススケルチコントロール)機能。
  • BTL回路&大型スピーカーの採用で、聞き取りやすい大音量を実現。
  • エアバンドをはじめ、すぐに使える主な周波数をプリセット。
※1 VFOモード時。
※2 AF出力50mW、付属のNi-MH電池を使用、外部スピーカー(8Ω負荷)接続時。
※3

空線キャンセラー、トーンキャンセラー機能は、全ての空線信号を検出するものではありません。