ホームプレスリリース2017 > 機能性・機動性がさらに向上した資格不要の高出力トランシーバー IC-DPR7 / IC-DPR7BTを新発売。
プレスリリース
2017/09/14

機能性・機動性がさらに向上した資格不要の高出力トランシーバー
IC-DPR7 / IC-DPR7BTを新発売。

IC-R6

品名・型名 携帯型デジタルトランシーバー IC-DPR7 / IC-DPR7BT
希望小売価格 IC-DPR7 57,800円+税 / IC-DPR7BT 59,800円+税
発売予定 2017年9月下旬
年間販売予定台数 両バージョン合わせて 30,000台/年

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:播磨正隆)は、かんたんな登録手続きだけで使える携帯型の高出力デジタルトランシーバー IC-DPR7/IC-DPR7BT を発売します。

IC-DPR7/IC-DPR7BTは、高出力で広範囲をカバーする、登録局対応デジタル簡易無線シリーズ「DPR®」シリーズの最新機種です。トランシーバーはワンプッシュで全員に情報伝達できること、携帯電話の圏外でも利用できることなどから、警備業や小売店、接客業をはじめ、レジャー用途にも多く利用されています。特に、「DPR®」シリーズをはじめとする登録局対応機は、かんたんな登録手続きを済ませるだけで使えるため、手軽に導入できる情報伝達ツールとして活用されています。

本製品は、同ジャンル機トップクラスとなる800mWの大音量を実現したほか、周囲の雑音を軽減するノイズキャンセル機能、受信した音声をワンタッチで聞き直すことも可能な録音再生機能、状況に合わせて強調する音域を設定できるイコライザー機能も備え、工事現場や雑踏などの騒音環境での快適・確実な情報伝達をサポートします。また、IP67/66/55/54の規格に準拠した最高水準の防塵・防水性能、米国国防省の物資調達基準(MIL-STD-810G)に相当する堅牢性も備え、本体を3年間保証。タフな環境でも安心して使えます。さらに、IC-DPR7BT は、Bluetooth®での運用にも対応。マイクコードに煩わされずアクティブに活用できるほか、着信を振動で知らせるバイブレーション機能も備え、騒音環境下での信頼度もより高い仕様としています。

操作系統も従来機からさらに向上。音量用のツマミとチャンネル用ツマミを独立して装備し、確実で迅速な操作を実現したほか、各種機能に簡単にアクセスできるプログラマブルキーを2つ搭載しました。さらに、従来機IC-DPR6と比べ約5%の軽量化・約10%の小型化を実現し、使用者の負担をより軽減しました。また、付属のインテリジェントバッテリーは、バッテリーの残量や健康度の表示に対応しているので、安心して利用できます。

IC-DPR7/IC-DPR7BTは、業務用途・レジャー用途に加え、地域コミュニティやクラブ活動などでの連絡など、多彩なシーンで使えるコミュニケーションツールとして活用いただける機種として、販売してまいります。

【おもな特長】

  • クラス最高の大音量800mWのほか、バイブレーション機能 (IC-DPR7BTのみ)、
    ノイズキャンセリング機能を搭載しているので騒音環境でも安心。
  • 録音再生機能など多彩な新機能を搭載、確実で迅速な操作を実現する洗練された操作性。
  • 機動性に優れた約230gの軽量・小型ボディ。
  • Bluetooth®対応で、ケーブルレス運用が可能(IC-DPR7BTのみ)。
  • IP67/66/55/54に準拠する最高水準の防塵/防水性能。
  • 残量や健康度表示に対応したインテリジェントバッテリーを採用。
バッテリーパック、アンテナ、保護カバーを正しく装着した状態で、試験用粉塵を1㎥あたり2kgの割合で浮遊させた中に8時間放置したのちに取り出して、無線機の内部に粉塵の浸入がないこと。また、水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出して、無線機として機能すること。また、一定の条件下における水滴や噴流、粉塵によっても無線機として機能することを表します。
アイコム株式会社、アイコム、アイコムロゴ、DPRはアイコム株式会社の登録商標です。Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Ink.が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。