ホームプレスリリース2018 > 2.4/5GHz帯同時通信対応の小型アクセスポイント AP-95M を新発売 802.11ac Wave2準拠、理論値867Mbpsの高速通信を実現
プレスリリース
2018/04/23

2.4/5GHz帯同時通信対応の小型アクセスポイント AP-95M を新発売
802.11ac Wave2準拠、理論値867Mbpsの高速通信を実現

AP-95M

品名 ワイヤレスアクセスポイント
型名 AP-95M
希望小売価格 オープン価格
発売日 2018年4月27日 発売予定
年間販売予定数 30000台/年

AP-95Mは、802.11ac Wave2に準拠。理論値867Mbpsの超高速通信が可能なほか、端末のある方向に向けて電波を集中的に送るビームフォーミング機能を搭載。また、MU-MIMOにも対応したコンパクトなアクセスポイントです。

また、IEEE802.11n/a/g/b規格にも準拠しており、2.4GHz/5GHz帯の同時通信にも対応しています。

仮想AP、VLAN機能で最大16のグループ設定が可能なほか、アクセスポイント間通信機能を搭載し、通信エリアの拡大にも対応します。さらに、相互干渉や接続端末の集中による通信速度低下を抑制するパワーレベル調整機能と接続端末制限機能、 周囲の電波状況に応じて自動的にチャンネルを設定する自動チャンネル設置機能など、多彩な機能を備えています。

管理面でも、アクセスポイントの個別設定・一斉設定や再起動が可能な集中管理ソフトRS-AP3(別売)にも対応し、メンテナンスや管理において高いユーザビリティを提供します。

AP-95Mは、各種学校・病院・ホテル・オフィスなどで無線LANネットワークの運用や効率的な情報伝達をサポートする製品として販売してまいります。

【おもな特長】

  • 802.11ac Wave2準拠。理論値867Mbpsの超高速通信。
  • ビームフォーミング機能/MU-MIMO機能を搭載し、効率がよく安定した通信を実現。
  • IEEE802.11n/a/g/bにも準拠。2.4GHz/5GHzの同時通信に対応。
  • VLAN ID、SSIDの設定により最大16の無線LANグループを構成可能。
  • 設定やファームウェア更新、運用に関する情報の一元管理が可能なソフトウェアRS-AP3に対応。