ホームプレスリリース2018 > デュアルモードに対応したアマチュア無線機用 IPリモートコントロールソフトウェア RS-BA1 Version2 を新発売。
プレスリリース
2018/07/06

デュアルモードに対応したアマチュア無線機用
IPリモートコントロールソフトウェア RS-BA1 Version2 を新発売。

RS-BA1 RS-BA1
▲デュアルパネル ▲デュアルスコープ表示例

品名 IP リモートコントロールソフトウェア
型番 RS-BA1 Version 2
発売日 2018年7月下旬
価格 \8,500+税
年間販売予定数 500台

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:播磨正隆)は、LANやインターネットなどIP網を経由してアマチュア無線機を遠隔操作できるIPリモートコントロールソフトウェア RS-BA1 Version 2 を新発売します。

フラグシップ機である IC-7851 をはじめとする多くの当社機をIP経由でパソコンから操作できることで好評を得たRS-BA1が、さらに多彩な機能を搭載した新バージョンとして発売となります。

RS-BA1 Version 2 は、旧製品である RS-BA1 のシングルモードに加え、新たにデュアルモード※1に対応し、2波同時受信が可能です。MAINとSUB両方の周波数を制御できるほか、両バンド同時にスペクトラムスコープを表示することもできます。

遠隔操作は、旧製品でも対応していた混信除去機能やフィルター設定などのほか、新たにRIT・⊿TXの操作などにも対応し、多彩なコントロールを実現。インターフェースでは、スムーズな周波数変更を実現するリモートエンコーダー RC-28(別売)での操作に加え、新たにインジケーターに対するマウスクリックでの操作に対応したほか、パネルの拡大表示モードを搭載し、さらに使いやすくなりました。

RS-BA1 Version 2 を活用することで、離れた場所にある無線機をこれまで以上にスムーズに運用できるようになり、無線機の設置場所や運用のバリエーションがさらに広がります。

なお、新製品 RS-BA1 Version 2 は、旧製品 RS-BA1 からのアップグレードには対応していません。新たにソフトウェアをご購入いただく必要があります。

【おもな特長】

  • LANやインターネット経由で、アマチュア無線機の遠隔操作や音声ハンドリングが可能。
  • 新たにデュアルモードに対応し、2波同時受信/2波同時スコープ表示が可能※1
  • 混信除去やフィルターのほか、新たにRIT・⊿TXなどを加えた多彩なコントロールを実現。
  • リモートエンコーダー RC-28(別売り)での操作にも対応。
  • インジケーターのマウスクリック操作、パネルの拡大表示など充実のインターフェース。

※1……IC-7851、IC-7850、IC-7610が対応します。


■接続イメージ図

RS-BA1 RS-BA1 RS-BA1
▲ケーブルを使ってPCと接続 ▲LAN経由でPCと接続 ▲インターネット経由でPCと接続

※サーバーPC機能搭載無線機は、サーバー側のパソコンは必要ありません。


■対応無線機について

本製品は、USBポート(Bタイプ/ミニタイプ)、またはLANポートから音声を入出力できる弊社製無線機を対象に設計しています。

接続する無線機側のポート 対応無線機
LANポート
(サーバーPC機能搭載無線機)
IC-7851/IC-7850/ IC-7800(ファームウェアバージョン3.00以降)/ IC-7700(ファームウェアバージョン2.00以降)/IC-7610
USBポート

IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410/IC-7600/IC-7610/IC-7850/IC-7851/IC-9100

※無線機本体は最新のファームウェアにアップデートしてご使用ください。