ホームプレスリリース2018 > ハンディレシーバーIC-R30をリモート操作できる スマホアプリ RS-R30Iの無償ダウンロードを本日より開始
プレスリリース
2018/09/14

ハンディレシーバーIC-R30をリモート操作できる
スマホアプリ RS-R30Iの無償ダウンロードを本日より開始

RS-R30A, RS-R30I RS-R30A, RS-R30I RS-R30A, RS-R30I
▲デュアル運用時待ち受け画面 ▲機能設定画面 ▲VOL/SQL設定画面

品名 / 型名 RS-R30I(iOS®専用) RS-R30A(Android®専用)
希望小売価格 App Storeで無償配信 Google PlayTMで無償配信
配信開始日 2018年9月14日 夕方以降 2018年10月予定

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:播磨正隆)は、広帯域ハンディレシーバー IC-R30 をリモートコントロールできるiOS®専用アプリ RS-R30I の無償配信を本日夕方以降に開始します。またAndoroid®専用アプリ RS-R30A も10月中より無償配信を開始する予定です。

RS-R30I / RS-R30A は、広帯域ハンディレシーバー IC-R30(2018年3月発売)をスマートフォンからリモート操作できるアプリです。IC-R30 とスマートフォンをBluetooth®で接続し、2波同時受信でのVFO運用、メモリーチャンネル運用、スキャン、録音操作を可能にするほか、ボリュームやスケルチの設定などの操作や機能設定を実現します。

オプションのBluetooth®ヘッドセット VS-3 を使用すれば、音声受信とリモート操作が同時に可能となり、さらに運用の自由度が広がります。

IC-R30をかばんに入れたままスマートに運用したり、電波環境のよい窓際などに設置して離れた場所から受信を楽しむなど、さまざまなシーンでより便利に IC-R30 を運用いただけます。

【おもな特長】

  • 広帯域ハンディレシーバーIC-R30をスマートフォンからリモート操作することが可能。
  • 2波同時受信の運用に対応。
  • VFO運用、メモリーチャンネル運用、スキャン、録音、ボリューム、スケルチ調整などの操作に対応。
  • オプションのVS-3と組み合わせることで、VS-3による音声受信とスマートフォンでのリモート操作を同時に実現。
  • 無償でダウンロード・使用が可能。

●アイコム株式会社、アイコム、ICOMロゴは、アイコム株式会社の登録商標です。●AndroidおよびGoogle PlayはGoogle Inc.の商標または登録商標です。●App Storeは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。●IOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。●Bluetoothのワードマークは、Bluetooth SIG Inc.が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。