ホームプレスリリース2019 > 電源の場所を問わず運用可能。 IP 無線機で多拠点音声会議を実現するスピーカーフォンユニットVE-SP1 を新発売。
プレスリリース
2019/05/28

電源の場所を問わず運用可能。
IP 無線機で多拠点音声会議を実現するスピーカーフォンユニットVE-SP1 を新発売。

IC-7610

品名 / 型名 スピーカーユニット / VE-SP1
希望小売価格 オープン価格
発売日 2019年6月中旬(予定)
年間販売予定台数 1,000台

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:播磨正隆)は、弊社製IPトランシーバーと接続して、高品位な多拠点音声会議を実現するスピーカーフォンユニットVE-SP1を発売します。

VE-SP1は当社製IPトランシーバーと組み合わせ、複数の拠点をつなぐ音声会議システムをすばやく構築できるスピーカーユニットです。各IPトランシーバー端末からの音声を拡声し、あたかも全員がその場にいるかのようにリアルタイムな情報伝達を実現します。

本製品は、災害時に救助や調査の最前線となる仮設施設での情報共有手段としての活用も踏まえて開発しています。安定感とコンパクトさを両立するサイズ・重量の筐体としたほか、コンセントのない場所でも乾電池で運用が可能。さらに、IPトランシーバーは携帯電話のデータ回線帯域を経由して通信するため、災害時における音声帯域の通信規制の影響も受けません。

平時においても、手軽に高品位な音声会議を可能にするスピーカーとして使用できるほか、IPトランシーバーの充電器として使用するなど、日常業務に活用しながらいざというときに備えることができます。

本製品は、自治体や企業のBCP対策のほか、複数拠点をつないだコミュニケーションが必要なさまざまな業種でご利用いただけるものと考えています。

【おもな特長】

  • 電源の場所を問わずに使える、乾電池での運用に対応。
  • 複数拠点からの音声を出力し、全員がその場にいるかのようなリアルタイムの情報伝達を実現。
  • 携帯電話のデータ帯域回線でつながるから、通話エリアは日本全国、災害時もつながりやすい。
  • 持ち運びしやすい、小型・軽量のスピーカーフォンユニット。
  • 騒がしい場所でも鮮明に聞こえる大音量(1.1W)出力。
※… 各携帯電話回線の電波到達距離が通信エリアです。