生産終了品 IC-2350J
技術基準適合証明取得機種

車載運用を知り尽くしたアイコム自慢の2バンド独立ダイヤルを装備

モービルシーンで、究極の操作性を実現するアイコム自慢の2バンド独立ダイヤル&ツマミを搭載したIC-2350J。メインダイヤルはもちろんのこと、ボリュームとスケルチツマミ、主要スイッチまでバンド毎に装備し、操作性を十分に配慮した設計です。また、ディスプレイにはポジタイプの大型LCDを採用し、視認性を大幅に向上しています。さらに満足していただける機能性と操作性を実現したデュアルバンドモービルです。

おもな特長

メインダイヤルが2バンド完全独立
周波数の設定や変更のたびにバンドスイッチで操作バンドを選択する必要がなく、まるで、シングルバンド機2台を操作しているような感覚で周波数の設定や変更が簡単に行えます。さらに、ボリュームツマミや主要スイッチもバンドごとに1個ずつ装備し、抜群の操作性を確保しました。

超高速スキャン搭載
スキャンは目的に応じ、きめ細かく対応できる7種類。各バンド独立して操作できます。このうち指定した周波数範囲、バンド全体、全メモリー、指定したメモリーをサーチする4種類のスキャンについては2倍速(当社従来機比)を実現。ストレスなくめざす信号をキャッチする快適サーチが可能です。

大型ディスプレイ採用
ポジタイプの大型ディスプレイを配備、視認性を大幅に向上しています。また、表示部の濃淡は4段階で簡単に可変でき、周囲の明るさに合わせた設定が可能。常に見やすい状態で運用できます。

トータル110chの大容量メモリー
144MHz帯50ch、430MHz帯50chの合計100chの通常メモリーのほか、バンドごとにスキャンエッジメモリー各2chとコールチャンネル各1chを装備。さらに、送信周波数を自動記憶するログメモリーもバンドごとにシンレックス用・デュプレックス(レピータ)用それぞれ1chずつ搭載しました。

フルデュプレックス機能と2バンド同時受信機能
144MHz帯と430MHz帯を使用し、テレホン感覚で交信ができるクロスバンドフルデュプレックス機能をはじめ、2つのバンド(144MHz帯/430MHz帯)を同時に受信できる同時受信機能を搭載。もちろん、これらの機能は2バンド完全独立方式だから簡単に操作できます。まさに、真のデュアルバンド機と呼ぶにふさわしい機能群です。

スムーズファンクション機能
フロントパネル上の主要スイッチには、1スイッチに2つの機能を持たせて、スイッチを押している時間(ワンタッチ押し/長押し)により、異なる機能を制御できます。これまでのように、いちいちファンクションスイッチを押す手間を省き、1アクションでスピーディに操作することができます。

セットモードとイニシャルセットモード
バンドごとにセットモードを装備しました。通常運用中にあまり使用しない機能の設定がまとめて、このモードで行えます。しかも、通常のセットモードのほか、2バンド共通の機能設定が行えるイニシャルセットモードも装備し、一度設定してしまえば、めったに変更することがない機能設定がこのモードで実行できます。

スケルチ連動RFアッテネーター
近接した強力な電波や、強電界からの抑圧を防止するRFアッテネーターを装備しています。このRFアッテネーターは、スケルチツマミと連動しており、スケルチツマミを12時の方向から右へ回すと自動的に動作します。その後、右に回すほど減衰量がアップし、右に回し切った位置で10dB以上の減衰効果が得られます。

その他の機能
50波のトーンエンコーダー標準装備。
オートレピータ機能。
バンド別3段階の送信出力切り替え。
使用しないバンドをオフにできるバンドオフ機能。
オートパワーオフ機能。
タイムアウトタイマー機能。
8段階のチューニングステップ切り替え。(5/10/12.5/15/20/25/30/50kHz)
1MHzチューニングステップ。
パーシャルリセット機能。
デュプレクサー内蔵。
スケルチモニター機能。
バンド独立外部スピーカー端子。
誤動作を防止するキーロック機能。
サブバンドアクセス機能。
ポケットビープR/トーンスケルチ機能。(オプションのUT-104装着時)

オプション

HS-15SB :PTTスイッチボックス(OPC-589が必要)
HS-62 :アーム付きマイクロホン(HS-15SBとHS-62を組み合わせて使用・OPC-589が必要)
OPC-589 :モジュラー→8ピンマイクコネクター変換ケーブル
SP-7 :外部スピーカー(小型卓上タイプ)
SP-10 :外部スピーカー
UT-104 :トーンスケルチユニット


おもな定格




周波数範囲 144MHz〜146MHz、430MHz〜440MHz
電波の型式 F3(FM)
アンテナインピーダンス 50Ω(不平衡)
周波数安定度 ±10ppm以内
電源電圧 DC13.8V±15%
消費電流 受信時最大 1.8A
送信時最大 7.5A(11.5A)
※ 消費電流が最大のバンドの値です。
接地方式 マイナス接地
外形寸法(突起物を除く) IC-2350 140(W)x40(H)x199(D)mm
IC-2350D 140(W)x40(H)x204.5(D)mm
重量 IC-2350 約1.1kg
IC-2350D 約1.2kg
使用温度範囲 -10℃〜+60℃


送信出力 20/10/2W 〔50/10/5W(144MHz帯)〕〔35/10/5W(430MHz帯)〕
変調方式 リアクタンス変調
最大周波数偏移 ±5.0kHz
スプリアス発射強度 -60dB以下
マイクロホンインピーダンス 600Ω


受信方式 ダブルスーパーヘテロダイン
中間周波数 第一
 17.2MHz (144MHz帯)
 30.85MHz(430MHz帯)
第二
 455kHz
受信感度(Typical) 12dB SINAD
選択度 15.0kHz以上(-6dB)
30.0kHz以下(-60dB)
スケルチ感度 -18dBu 以下
低周波出力(8Ω、10%歪時) 2.4W以上
低周波負荷インピーダンス

※定格はJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)測定法によります。
※定格・仕様・外観等は改良のため予告なく変更する場合があります。
※アイコム株式会社、アイコム、ICOMロゴはアイコム株式会社の登録商標です。