車載型LTEトランシーバー

IP500M

  • 技術基準適合証明(工事設計認証)取得機種
IP500M line
ダウンロード
alt カタログダウンロード
  ドライバ ・ ファームウェア

日本全国が通話圏内※1
LTEトランシーバーの車載モデル、新登場。

同時通話免許/資格不要IP54漢字表示

無線機の利便性と携帯電話のつながりやすさがコラボレーション。
IP500Mは、無線機の同報性はそのままに、auのLTE回線を経由することで、日本全国を通話範囲※1にするトランシーバーです。通話相手を限定して効率よく情報共有できるグループ通話・個別通話にも対応しているほか、多人数による同時送受信に対応。ほかの送信者の通話終了を待たずに、優先順位の高い情報を割り込んで伝え、すばやく全員で共有できます。

また、GPS機能を装備しており、端末の位置情報をPC上に表示させることもできます※2。さらに、データ通信にも対応。別売の ゲートウェイユニットIP500Gをシステムに導入することで、ハンディターミナルなどで読み取った情報を、IP500MのLANポートや内蔵する無線LANアクセスポイントを経由して、音声だけでない情報をタイムリーに伝達できます。業務ユースに相応しいタフさも特長です。埃や水しぶきも気にせず使えるIP54※3の防塵・防水仕様としたほか、アルミダイキャスト製のシャーシを採用して 堅牢性を担保しています。回線利用料は、どれだけ利用しても月額定額制。音声通信のみを想定した128kbpsプラン、データ送受信にも対応できる512kbpsプランを用意していますので、用途に合わせてお選びいただけます。

主な特長

人口カバー率99%※4のauの4G LTE (800MHz帯)回線で日本全国をカバー

人口カバー率99%※4のauの4G LTE(800MHz帯)の回線を使用しているので、日本全国※1が通話圏内。従来のトランシーバーのように、通話距離の制約や不感地帯を気にせず、タイムリーな情報伝達を実現します。携帯型LTEトランシーバーのIP500Hとも相互運用が可能です。

人口カバー率99%のauの4G LTE (800MHz帯)回線で日本全国をカバー

LTE回線の障害情報につきましては、こちら(KDDI株式会社のWebサイト)をご確認ください。


免許や申請手続き、無線従事者資格が不要

携帯電話と同じように、すぐに、だれでも手軽に使うことができます。利用者は、無線局免許の申請や取得が不要。無線従事者資格も必要ありません。


同時通話・多重通話に対応

多くのトランシーバーは、相手の話し終わりを待ってから交互に通信しなければならないため、通話に大きなタイムラグが生じます。IP500Mのシステムは、同時通話に対応。携帯電話と同じように、お互いが同時に話せるので、自然なやりとりが可能です。また、多人数による多重通信もサポートしており、電話会議のような使い方にも対応できるほか、他のスタッフ同士の会話に重要な連絡を割り込んで伝えることもできます。

同時通話・多重通信に対応


データ通信に対応

ハンディターミナルで読み取った情報や、タコグラフ機器などのデータ伝送に対応。機器との接続は、LANポートや内蔵する無線LANアクセスポイントを使用するため、高い汎用性をもちます。データ通信と音声通信の伝送システムをIP ADVANCED RADIO SYSTEMで統合することで、運用の負担やランニングコストの低減を図れます。

データ通信に対応

多彩な通話形態に対応

全体通話はもちろん、個別通話、グループ通話に対応。グループ通話は、1台の端末を複数のグループに所属させることができるので、フレキシブルな運用が可能です。

エマージェンシーキーを装備


IP54※3の防塵・防水性能

埃や水しぶきも気にせず使えるIP54※3の防塵・防水性能を備えています。


その他の機能

  • プリセットの文字情報を送信
  • 緊急速報メールの受信に対応
  • ソフトウェア更新や端末設定を回線経由で一括設定 など
説明


※1
au の4G LTE(800MHz)の電波到達範囲が通話エリアになります。
※2
IP500Gに標準付属のソフトウェアをPCにインストールして使用。対応地図ソフトが別途必要。
※3
試験用粉塵を1m3試験用粉塵を1㎥あたり2kgの割合で浮遊させた中に8時間放置したのちに取り出して、無線機として機能することです。また、いかなる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響のないことです。
※4
「人口カバー率」は国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出しています。
 ・
Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。