ホームプレスリリース2014 > 見やすく操作しやすい国際VHF対応無線機 IC-M506J を新発売。
プレスリリース
2014/07/03

見やすく操作しやすい国際VHF対応無線機 IC-M506J を新発売。

IC-M506J

品名 / 型名 国際VHFトランシーバー(据置型/25W) / IC-M506J
希望小売価格 オープン価格
発売予定日 2014年7月25日
年間販売予定数 1000台

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:福井勉)は、直感的なインターフェースを実現した国際VHFトランシーバー IC-M506J を2014年7月25日に新発売します。

IC-M506J は、船舶共通通信システムである国際VHFの規格に合致した海上用据置型トランシーバーです。

見やすい大きなチャンネル表示に加え、十字キーを備えたことでより直観的でわかりやすい操作性を実現しました。

機能面では、DSC(クラスD)を装備していることはもちろん、スピーカーを用いた双方向ヘイラー(拡声) 機能、受信音声を聞き取りやすくするアクティブノイズキャンセル機能、交信音声の録音/再生機能を搭載。従来機のオートフォグフォーン機能やトライワッチ機能などの機能とともに、海上での安全をサポートする豊富な機能を備えています。さらに、オーディオ出力は15Wの大音量(外部スピーカー接続時)を実現しました。

また、フライブリッジなど無線機から離れたところからでも操作が可能になる(最大18mまで延長可能)コマンドマイク®(別売)をラインナップしました。

【おもな特長】

  • 船舶共通通信システム(国際VHF)に対応
  • 見やすく、操作しやすい直感的なインターフェースを実現
  • 25Wの双方向ヘイラー(拡声)機能、交信音声の録音/再生機能を新規搭載。
  • 15Wの大音量オーディオ出力。
  • 機動性を高めるコマンドマイク®(別売)をラインナップ。
  • IPX8の防水性能。

水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、60分放置した後に取り出して、正常に動作すること。