ホームプレスリリース2014 > アイコムの船舶用国際VHFトランシーバー IC-M506がNMEA賞 無線通信機器部門賞を受賞
プレスリリース
2014/11/11

アイコムの船舶用国際VHFトランシーバー IC-M506がNMEA賞 無線通信機器部門賞を受賞

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:福井勉)が発売中の船舶用VHFトランシーバー IC-M506(日本仕様の商品名は IC-M506J)が、2014年度の「NMEA賞 無線通信機器部門賞」を受賞しました。

NMEA賞は、米国の船舶用電子機器産業の団体NMEA(National Marine Electronics Association)がデザイン・性能・信頼性の優れた船舶用製品を投票で選出する権威ある賞で、このほどフロリダで開催された同団体の年次総会でIC-M506が選出されたものです。

受賞したIC-M506は、レジャー用船舶向けの国際VHF帯トランシーバーです。今回の受賞は、プラグ・アンド・プレイに対応した機能性や、AIS受信機を搭載している点のほか、直感的な操作を可能にするインターフェースや、録音再生機能、優れたノイズキャンセリング機能などが評価されたものです。

日本国内向け仕様となるIC-M506Jは、今回NMEA賞を受賞したIC-M506と同様に国際的な船舶共通通信システムに対応しています(一部仕様が米国向けと異なります)。使いやすいインターフェースや精悍なフォルムは共通しており、今回の受賞は、アイコムの海洋向け無線機の国内外での好評を裏付けるものでもあります。


国内仕様品 IC-M506J / NMEA賞 受賞盾


Automatic Identification System(自動船舶識別装置)の略で、国際VHFを利用した、船舶を自動識別する装置です。なお、国内仕様品には搭載していません。