より高度な運用を実現する、先進の機能と熟成の実戦機能群。

オペレーションをサポートする充実した送受信録音機能&メッセージメモリーキーヤー。

  • 処理方法を見直すことにより、より原音に忠実な再生が可能になった新デジタルボイスメモリー。受信音だけでなく送信音の録音も可能なので、QSOの内容をもれなく記録することができます。また、メッセージメモリーはCW用70文字8ch、ボドーRTTY用に70字8ch、PSK31/63用にも70字8ch搭載。DXペディション局へのコールや、コンテストなどで定形文を送出する場合に便利です。CW用メモリーはオートリピート機能、シリアルコンテストナンバー自動カウントアップ機能、コンテストナンバー省略符号化機能などの高機能も標準装備しています。
  • 録音リスト表示例

    録音リスト表示例

超低歪み、RFスピーチコンプレッサー。

先進のDSPによるデジタルRFスピーチコンプレッサーを搭載。コンプレッションレベルを上げても、歪みを発生させることなく相手局の了解度を高めます。しかも、音質は原音に忠実で、あらゆるコンプレッションレベルにおいて、最上級の音質を実現します。

新型アンテナチューナーを内蔵。

チューナーメモリープリセット機能を備えた新型のアンテナチューナーを内蔵。一度チューニングをとると、次回からは、その周波数に合わせると自動的に整合情報を呼び出し、送信状態になると瞬時に、チューニングを行います。また、高耐圧パーツで構成することで、最大送信出力(200W時)での連続送信を可能にしています。

信頼性を高めた4つのM型アンテナコネクタを装備。

誘電体にテフロン材を使用した信頼性の高いM型アンテナ端子(ANT1、ANT2、ANT3、ANT4)とRX用アンテナ端子2系統を装備。運用バンド毎にアンテナ端子を割り当てれば、バンドチェンジに連動して各アンテナコネクタを自動的に切り替えることができます。

PCとの親和性を高める充実したインターフェース。

USB/Ethernet/S/P DIF等の各種インターフェースが充実。USB端子はUSBオーディオ、制御信号(DTR、RTS)によるSEND、CWキーイング、RTTYキーイングに対応しています。また、外部ディスプレイへは従来のアナログに加えデジタル(DVI)での出力が可能です。

随時提供されるファームウエアで、常に最新の状態を維持することが可能。

IC-7851を、常にフラグシップ機として最高の性能・機能でご使用していただくために、アイコムでは、最新のファームウェアを随時提供していきます。バージョンアップは、最新のファームをPCにダウンロードし、SDカードまたはUSBメモリーを介して行います。

PCレスリモートシャック対応&CI-Vによる電源コントロール。

リモート運用(遠隔操作)を可能にするIPリモートコントロールソフトウェアRS-BA1(オプション)に対応。RS-BA1のサーバー機能内蔵により無線機側のパソコンは不要となり、シンプルな機器構成で高度なリモート運用が実現できます。また、CI-V/LANにより、IC-7851の電源ONとスタンバイ(待機状態)を切り替えることができます。

電源コントロール

RS-BA1(オプション)の主な特長

LANやインターネット経由の遠隔操作と音声のハンドリングが可能。
混信除去機能やフィルターの設定など、ほとんどの機能を遠隔操作することが可能。
受信信号の強度やSWR値等の情報もパソコンモニター上に表示。
パソコン間(PC側と無線機側)のネットワークトラブル時には送信を自動ストップ。
バンドスコープ&ウォーターフォールの表示が可能。
(RS-BA1、IC-7851とも最新のファームにアップデートする必要があります)

その他の機能群

アンテナ系

受信専用アンテナや外部アッテネーターなどを接続できるBNCタイプのRX IN/OUT端子

受信系

30kHz~60MHzゼネラルカバレッジ受信機能(アマチュアバンド外の一部周波数帯は受信性能保証範囲外)
相互変調特性を重視したプリアンプ1と増幅ゲイン重視のプリアンプ2
アッテネーター(OFF/3/6/9/12/18/21dBの7段階)
HFと分離したQuad FETによる50MHz専用ミキサーを搭載
RTTY用ツインピークオーディオフィルター

送信系

超低歪みRFスピーチコンプレッサー
TXモニター
50波のトーンエンコーダー標準装備
VOX
オールモードパワーコントロール
非常通信連絡設定周波数(4630kHz/CW)対応

CW系

DSPによるCWキーイング波形整形
多機能エレクトロニックキーヤー(スピード可変、ウェイトコントロール、極性反転、バグキー機能)
300~900Hz CW受信ピッチ連続可変機能
CW受信時のキャリアポイントは、USB側またはLSB側でも設定可能
ダブルキージャック
フルブレークイン対応
スプリット受信用周波数ロック
CW自動チューニング機能
APF(SOFT/SHARP)
エレキーによるCW送信スピード表示

操作系

スピーディーに各種機能設定や変更が行えるセットモード
5chまたは10chのメモパッド
1アクションでスプリット設定を完了できるクイックスプリット機能
クイックデュアルワッチ機能
SSBモードからCWモード(またはその逆)へ切り替えた時の周波数シフト機能
±9.999kHzまで可変可能なRITと⊿TX
RIT/⊿TXの可変値クリアの時間を選択可能(スイッチの長押しまたはワンプッシュ)
時計(JSTとUTCの同時表示も可能)と各種タイマー
1Hzピッチチューニングと1Hz表示
最大10文字のコメントが可能な合計101chのメモリーチャンネル
Sメーターレベルもアナウンスできる周波数スピーチ機能を標準装備
プログラムスキャン、メモリースキャン、VSCスキャン、セレクトメモリースキャン、⊿fスキャン
チューニングスピードを自動的にコントロールする、オートTS機能
ダイヤルロック
メインダイヤルトルク可変
バンドエッジ警告ビープ(機能オフも可)
光音声入出力端子
BNCタイプのトランスバーターコネクターを装備
2系統の外部スピーカージャック
FFTスコープ波形のアベレージング機能
スクリーンセーバー機能