D-STARレピータシステム

ID-1 line
DIGITAL
D-STAR





レピータコントローラ

ID-RP2C

¥179,000 +税
ID-RP2C

レピータサイトごとに必ず1台必要なユニットです。各端末用、アシスト局用レピータが受信したデジタル音声やデータの行き先を中継制御します。レピータとのインターフェイスを4系統装備。必要に応じて、データ系端末用レピータ、ボイス系端末用レピータを接続します。さらにゲートウェイパソコンも接続することができます。

ゲートウェイ用コントロールソフト付属



1.2GHz帯データ用レピータ

ID-RP2D

¥138,000 +税
ID-RP2D

データ通信信号(128kbps)を中継するとき、ID-RP2Cに接続。ID-RP2D単体では使用できません。アップリンクのGMSK信号 (128kbps)を受信して、ID-RP2Cに送ります。ID-RP2Cからはシリアルビットストリームが送られてくると、それをGMSK変調してダウンリンクに送信する装置です。

1.2GHz帯デジタル音声用レピータ

ID-RP2V

¥298,000 +税
ID-RP2V

1.2GHz帯でデジタル音声を中継するとき、ID-RP2Cに接続。ID-RP2V単体では使用できません。アップリンクのGMSK信号 (4.8kbps)を受信して、ID-RP2Cに送ります。ID-RP2Cからシリアルビットストリームが送られてくると、それをGMSK変調してダウンリンクに送信する装置です。

デュプレクサ内蔵



430MHz帯デジタル音声用レピータ

ID-RP4000V

¥268,000 +税
ID-RP4000V

本機は、430MHz帯デジタル音声用レピータ(レピータコントローラID-RP2Cが必要)として動作するだけでなく、既存の1.2GHz帯D-STAR® システムのレピータコントローラID-RP2Cに接続することで、相互(430MHz帯⇔1200MHz帯)の通信を実現することができます。
すでに1.2GHz帯のD-STAR® システムを構築されている場合、レピータコントローラID-RP2Cに本機を接続することで430MHz帯での運用および430MHz帯⇔1200MHz 帯の相互通信が実現できます。さらに、ゲートウェイパソコンに接続すれば、インターネット回線を経由したデジタル音声通信も可能。デジタル通信ならではの楽しさと可能性が大きく広がります。

本機はデュプレクサを内蔵して出荷いたしますので、あらかじめレピータ周波数をご指定ください。また、デュプレクサを内蔵しない仕様もご相談に応じます。いずれの場合も、弊社D-STARレピータ専用サポートまでご用命ください。



10GHz帯アシスト用レピータ

ID-RP2L

¥450,000 +税
ID-RP2L

10GHz帯でアシスト局を使ってエリア間を中継するとき、ID-RP2Cに接続。ID-RP2L単体では使用できません。2波複信で動作します。受信周波数チャネルのGMSK信号(10Mbps)を受信して、ID-RP2Cに送ります。ID-RP2Cからシリアルビットストリームが送られてくると、それをGMSK変調して送信周波数チャネルに送信する装置です。

デュプレクサ内蔵

AH-107

1.2GHz帯コリニアアンテナ

AH-108
¥80,000 +税

2本のコリニアアンテナを内蔵。アンテナ間のアイソレーションが優れた設計です。

10GHz帯パラボラアンテナ

ø 450mm AH-107
¥86,000 +税
AH-107

10GHz帯パラボラアンテナ

ø 800mm AH-106
¥108,000 +税
AH-106

通信距離の目安

AH-106 ←→ AH-106 AH-107 ←→ AH-107 AH-106 ←→ AH-107
最大 約20km 最大 約8km 最大 約12km
通信距離は天候や設置条件によって異なります。

キャンセラ

UR-2

¥85,000 +税

ID-RP2DとID-RP2Vを併設したサイト構成のとき、音声系のダウンリンク信号がデータ系の受信機に与える影響を抑えるために使用します。

ID-RP2D 内蔵用アンテナフィルター

FL-402FL-402

¥25,000 +税

ID-RP2DとID-RP2Vを併設するサイト構成のとき、ID-RP2Dの運用周波数に1270MHz帯が指定された場合、ID-RP2Dの受信部をID-RP2Vのダウンリンク信号から保護するために使用します。

UR-2と併用してください。


■ID-RP4000V(前面パネル)

全面パネル
(1)電源スイッチ[POWER]

ID-RP4000Vの電源スイッチです。 電源を入れると、このスイッチの右側にある電源ランプが点灯します。

(2)電源ランプ

本機の電源が入っていると点灯します。

(3)送信出力切り替えスイッチ[H/L]

送信出力のHigh(約10W)、Low(約1W)を切り替えます。

(4)SERVICEコネクタT[SERVICE T ]

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、送信周波数を設定します。

(5)SERVICEコネクタR[SERVICE R]

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、受信周波数を設定します。

■ID-RP4000V(後面パネル)

後面パネル
(1)アンテナコネクタ[TX/RX ANT]

市販の430MHz帯アンテナを接続します。

(2)冷却ファン

本体内部を冷却するためのファンです。

(3)電源コネクタ[DC13.8V]

付属の電源ケーブル(OPC-1309)を使ってID-RP2Cと接続することで、電源の供給を受けます。

(4)[CONT I/O]

付属のコントロールケーブルを使ってID-RP2Cと接続して、送受信データのやりとりをします。

(5)GND(アース)端子[GND]

アースを接続する端子です。感電事故やほかの機器から妨害を防ぐため、必ずこの端子をアース線で接地してください。

■システム接続

システム接続

■ID-RP2C(前面パネル)

ID-RP2C
(1)電源スイッチ[POWER]

ID-RP2Cの電源スイッチです。電源を入れると、このスイッチの右側にあるLEDが点灯します。

(2)10BASE-Tコネクタ[10BASE-T]

市販のLANケーブルを使ってパソコンを接続して、レピータサイトのコールサイン、IPアドレスなどを設定します。Gateway動作をさせるパソコンも接続できます。

(3)SERVICE1 コネクタ

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、本機に接続したアシスト用レピータ(ASSIST1)の周波数設定や動作をモニターします。

(4)SERVICE 2コネクタ

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、本機に接続したアシスト用レピータ(ASSIST2)の周波数設定や動作をモニターします。

(5)ASSIST 1スイッチ

本機に接続したアシスト用レピータ(ASSIST1)への給電をON/OFFするスイッチです。電源を入れると、このスイッチの右側にあるLEDが点灯します。

(6)ASSIST 2スイッチ

本機に接続したアシスト用レピータ(ASSIST2)への給電をON/OFFするスイッチです。電源を入れると、このスイッチの右側にあるLEDが点灯します。

■ID-RP2D(前面パネル)

ID-RP2D
(1)電源スイッチ[POWER]

ID-RP2Dの電源スイッチです。電源を入れると、このスイッチの右側にあるLEDが点灯します。

(2)送信出力切り替えスイッチ[H/L]

送信出力のHigh(約10W)、Low(約1W)を切り替えます。

(3)SERVICE コネクタT[SERVICE]

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、送受信周波数を設定します。

■ID-RP2V(前面パネル)

ID-RP2V
(1)電源スイッチ[POWER]

ID-RP2Vの電源スイッチです。電源を入れると、このスイッチの右側にあるLEDが点灯します。

(2)送信出力切り替えスイッチ[H/L]

送信出力のHigh(約10W)、Low(約1W)を切り替えます。

(3)SERVICE コネクタT[SERVICE T]

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、送信周波数を設定します。

(4)SERVICE コネクタR[SERVICE R]

市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)を使ってパソコンを接続して、受信周波数を設定します。

■システム接続

システム接続図

■レピータ局/アシスト局の構築例

レピータ局/アシスト局の構築例

■GATEWAYの接続概要図

GATEWAYの接続概要図

■動作環境

D-STAR® ゲートウェイサーバを構築するには、下記の設備や環境が必要です。

【パソコン】

  • OS : Linux® 9(パッチ適用を推奨)
    対応ディストリビューション
    Fedora Core2、またはRedHat® Linux® 9
    対応ソフトウェアバージョン
    Linux® Kernel 2.4.20以降

    glibc 2.3.2以降
  • CPU : Pentium® クラス 2.4GHz 以上
  • メモリ : 512MB 以上
  • LANカード : 2枚(Intel® 社製NICを推奨)
  • HDD空き容量 : 10GB 以上(OSのインストールを含む)

【インターネット回線】

  • 回線速度 : 上り/下りで実効速度が750kbps以上確保できること
  • ※実効速度については、ご契約のプロバイダーに確認してください。

【IP アドレス】

  • インターネット回線へ接続するためにはプロバイダと契約し、グローバルIPアドレスの取得が必要です。 ※当初は固定IPが必要でしたが、GWのソフトの改良によりDHCPにも対応できるようになったため、途中でグローバルIPアドレスが変わっても自動的に設定され、再設定の必要はありません。

【ルータ】

  • インターネット回線(外部)からレピータシステムを接続しているLAN(Local Area Network)内のサーバにアクセス設定(ポートフォワード、DMZ機能などを搭載)できるもの。
  • クラスAのサブネットマスク(255.0.0.0)をLAN側に設定できるもの。

D-STARレピータ(中継装置)専用サポート

D-STARレピータについて


その他のアマチュア、デジタル(D-STAR)製品については、
こちら からお問い合わせください。
D-STARは一般社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。
本資料に掲載している価格には、設置、調整、保守などの費用は含まれておりません。
LinuxはLinus Torvalds氏の米国およびその他の国おける登録商標または商標です。
Pentiumはアメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションの登録商標または商標です。
その他の、記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。