ホームプレスリリース2016 > 史上最小・最軽量、アンテナ内蔵、Bluetooth対応。 スタイリッシュに使えるトランシーバー IC-DPR30 を新発売。
プレスリリース
2016/09/16

史上最小・最軽量※1、アンテナ内蔵、Bluetooth®対応。
スタイリッシュに使えるトランシーバー IC-DPR30 を新発売。

IC-DPR30

品名 / 型名 携帯型デジタルトランシーバー / IC-DPR30
(ブラック、メタリックレッド、メタリックイエロー)
希望小売価格 \39,800+税
発売予定 2016年9月27日(ブラック以外のカラーは近日発売)
年間販売予定数 12,000台

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:福井勉)は、クラス最小・最軽量※1のデジタルトランシーバー IC-DPR30(希望小売価格 \39,800、税別)を 2016 年9月27 日(火)より発売します。

近年、多くの関係者と即座に音声で情報共有を可能にするメリットが注目され、トランシーバーの活用が進んでいます。とくに、登録手続きだけで手軽に使え、広範囲をカバーする“登録局対応”のデジタルトランシーバーの活用は増加の一途をたどっています。IC-DPR30 は、同ジャンルで史上最小・最軽量となる93.3cc/105g(充電池装着時)を実現。これは、一般的なスマートホンの3分の2程度の軽さとなります。レジャーでの活用はもちろん、大型量販店やアミューズメント施設、飲食店などでの業務連絡、イベントでのスタッフ間連絡など、チームの連携を強力にサポートします。

小ささ・軽さのほかにも、つけていることを意識せずに使える仕様を追求。アンテナを内蔵して携帯性を高めたほか、Bluetooth®モジュールを搭載し、本体とイヤホン部をケーブルレスで運用可能にしました。加えて、水場や粉塵の舞うような環境でも安心して使える、高度な防塵・防水仕様を実現(IP54/55/67※3)しました。

また、コンパクトなボディながら、市街地では半径 0.5km~1km 程度※2の範囲で通信できる十分なパワー(最大1W出力)を備えるほか、個別呼び出し、秘話機能、音声録音再生機能など、高度な機能を多数搭載。様々な使用状況にフィットするカスタマイズが可能。さらに、地上利用に制限される 30chに加え、上空利用も可能な 5ch での送受信に対応した業界唯一の登録局用全チャンネル(35ch)実装機ですので、活用できるエリアも広がります。カラーバリエーションとして、ブラックのほかに、メタリックレッド・メタリックイエローの2色(近日発売予定)もラインナップし、合計3色で展開します。

【おもな特長】

  • 手続き簡単、しかもカバーエリアが広い、登録局対応1Wデジタルトランシーバー。
  • 93.3cc/105g の最小・最軽量※1サイズ。アンテナ内蔵、Bluetooth®搭載で機動力抜群。
  • 最高水準の防塵・防水ボディ(IP54/55/67※3
  • 上空送信可能なチャンネルも搭載した、唯一のフルチャンネル実装※1デジタルトランシーバー。
  • 多彩で高度な機能を多数搭載し、求められる使い方にフィットする設定が可能。
  • カラーバリエーションとして、ブラック・メタリックレッド・メタリックイエローの3色を展開。
※1 2016年8月時点で、国内で販売されているデジタル簡易無線機(3A/3B/3R/3S)として。当社調べ。
※2 通話距離は目安です。障害物の有無や、天候などの条件で異なります。
※3 バッテリーカバーとマイク/イヤホンジャックの保護カバーを正しく装着した状態で粉塵が無線機内部に侵入しないこと。また、規定の条件下で、水の飛沫を受けること、水の直接噴流を受けること、水没することのいずれも無線機の機能に影響がないことです。