ホームプレスリリース2017 > RFダイレクト・サンプリング方式を採用し、異なるバンド/異なるモードのデュアルワッチ機能を実現した本格派 HF/50MHz帯トランシーバーIC-7610 新発売。
プレスリリース
2017/03/16

RFダイレクト・サンプリング方式を採用し、異なるバンド/異なるモードのデュアルワッチ機能を実現した本格派 HF/50MHz帯トランシーバーIC-7610 新発売。

IC-7610

品名 HF+50MHz (SSB/CW/RTTY/PSK31・63/AM/FM)100Wトランシーバー
(アマチュア無線用)
型名 IC-7610
希望小売価格 368,000円+税
発売日 2017年5月 発売予定
年間販売予定数 3,000台/年 (国内/海外含む)

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:福井勉)は、HF+50MHz帯の固定型アマチュア無線用トランシーバー IC-7610を2017年5月から発売いたします。

本機は信号処理にRFダイレクト・サンプリング方式を採用。アナログ信号を直接デジタル信号に変換し、FPGA※1内で処理することにより、送信フェーズノイズの向上や105dB(1kHz離調時)の優れたRMDR※2を実現しています。さらにメイン/サブ同一性能の独立した受信回路を2系統備えており、異なるバンド/異なるモードの2波同時受信を可能にしています。

高速で高分解能の性能を誇る、リアルタイムスペクトラムスコープも異なるバンド/異なるモードを監視できるデュアル表示が可能。さらに受信信号を時系列で表示するウォーターフォール表示機能も備えています。また、DIGI-SELユニットを、受信部のメイン側とサブ側のそれぞれに搭載。短波帯放送局からの強力な電波をシャットアウトします。そのほか、大型の7インチフルカラータッチパネルを採用して、各種設定情報の視認性の向上や直感的な操作を実現しています。

RFダイレクト・サンプリング方式を始めとする高い基本性能に加え、数々の新しい機能を備えた本機は、幅広いアマチュア無線ユーザーを魅了する本格派HFトランシーバーです。

【おもな特長】

  • さらなる進化を遂げたRFダイレクト・サンプリング方式。
  • 優れたRMDR:105dBを実現。
  • 異なるバンド、異なるモードで同時に受信できるデュアルワッチ機能。
  • 強力な不要電波を排除するDIGI-SELユニットを受信部のメインとサブに搭載。
  • 高速なリアルタイムスペクトラムスコープとウォーターフォール表示機能を装備。
  • 7インチフルカラータッチパネルの採用により、抜群の操作性と視認性を実現。
※1… FPGA(Field Programmable Gate Array)とは設計者が構成を設定できる集積回路。
※2… RMDR(Reciprocal Mixing Dynamic Range)とは近接する強信号からのブロッキングの影響で、受信感度がどの程度悪化するかの指標。