車載型IPトランシーバー

IP501M

  • 技術基準適合証明(工事設計認証)取得機種
IP501M line
動態管理
ダウンロード
取扱説明書ダウンロード カタログダウンロード
  ドライバ ・ ファームウェア

日本全国が通話圏内※1
デュアルSIM対応車載型IPトランシーバー。

同時通話免許/資格不要IP54漢字表示

IPトランシーバーは、従来のトランシーバーとは異なり、携帯電話回線を利用することで日本全国※1を通話エリアとできるトランシーバーです。そのため、一度に多数の人と声で情報共有できるトランシーバーの特長と、通話距離や不感地帯を気にすることなく通話できる携帯電話の特長を併せ持つ通信端末といえます。

IP501Mは、車載型IPトランシーバーです。使用する通信回線は、当社が提供するSIMを装備することでauとNTTドコモから選べるほか、両方のSIMを装備することで、状況に応じてキャリアを切り替えて使えるデュアルSIM仕様としています。キャリアに関わらず、ハンディタイプの従来製品IP502Hなどとも通話互換を備えています。

主な特長

デュアルSIM対応のIPトランシーバー

本機は、携帯電話回線を使って通信する、日本全国※1が通話エリアのIPトランシーバーです。従来のトランシーバーのように通話距離や不感地帯を気にすることなく、タイムリーな情報伝達を実現します。通信回線はauとNTTドコモから選べるほか、両方のSIMカードを装備することで状況に応じてキャリアを切り替えて使うこともできます。(当社提供のSIMカードを選択することで、いずれかの回線が使用できます。) 


同時・多重通話に対応

通信相手と交互ではなく、携帯電話と同じように同時に話せる同時通話に対応。自然なやりとりが可能です。また、多人数による多重通信もサポートしており、電話会議のような使い方にも対応できるほか、会話の途中に重要な連絡を割り込んで伝えることもできます。

同時通話・多重通信に対応

多彩な通話形態が可能

全体通話はもちろん、個別通話、グループ通話に対応。グループ通話は、1台の端末を複数のグループに所属させることができるので、フレキシブルな運用が可能です。


Bluetooth®に対応

Bluetooth®に対応しています。別売のBluetooth®ヘッドセットVS-3を使うことで、受信した音声を聞くだけではなく、送信も可能。ペンダント型のPTTスイッチで送信できるほか、VOX機能にも対応しているので、ハンズフリーでの運用が可能です。


他種のトランシーバーやIP電話と連携可能

RoIPゲートウェイVE-PG4(別売)と連携することで、特定小電力トランシーバーやデジタル簡易無線、IP電話や無線LANトランシーバーと相互通話することもできます。

エマージェンシーキーを装備

端末位置情報を利用した各種サービス(オプション)に対応

オンプレミス型
IP500G
IP500G

別売りのIP無線ゲートウェイIP500G※1を導入することで、PC上に端末のリアルタイムな位置情報を表示させることができます※2

※1
IP500Gは、au 4G LTE網にのみ通信可能。
※2
別途、対応地図ソフトが必要。昭文社スーパーマップル・デジタル(15以降)全国版に対応。(2017年2月現在)
オンプレミス型

Webブラウザ型
IP無線動態管理サービスをご契約いただくことで、端末の位置情報はもとより、渋滞情報や天候情報などさまざまな情報を統合し、スマホやタブレット上のブラウザに表示させることも可能です。
ブラウザ上で表示できるので、関係者だけではなく、公開情報としての扱いも可能です。

ブラウザ型

その他の機能

  • 緊急呼び出し機能。
  • Lone Worker機能。
  • メッセージ送信機能。
  • ノイズキャンセル機能。
  • GPS機能。
  • 埃や水しぶきも気にせず使えるIP54※2の防塵・防水性能。
  • プリセットの文字情報を送信
  • ソフトウェア更新や端末設定を回線経由で一括設定 など

付属品

  • 車載ブラケット
  • LTEアンテナ(同軸ケーブル: 約3m)
  • GPSアンテナ(ケーブル長: 約5m)
  • マイクハンガー
  • 防水スピーカーマイクロホン(HM-241)
  • DC電源ケーブル(ケーブル長: 約3m) ほか

※1
各携帯電話回線の電波到達範囲が通話エリアとなります。
※2
粉塵の侵入があっても無線機として動作すること。いかなる方向からの水の飛沫を受けても、無線機として正常に動作すること。
 ・
Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。スーパーマップル、スーパーマップル・デジタルは株式会社昭文社の登録商標です。