電波法令改正に伴うアマチュア無線製品の対応について

電波法令改正に伴い、アマチュア無線通信において1.9MHz帯でのSSB運用などが許可されるようになりました。

このたび、弊社のアマチュア無線通信機(対象一覧参照)について、当該許可に対応する運用が可能となるよう技術基準適合証明(技適)を、同一番号にて取得する手続きを開始しましたので、お知らせします。

現在、同機種をお持ちのお客様で、当該許可に対応する電波の型式及び周波数の指定を既に受けている方(免許状参照)については、電波法令に基づく変更申請を行うことなく、同証明取得後以降であれば、免許状の範囲内の運用が可能となります。

 

【対象一覧】

対象製品は以下の通りです(2020年6月22日現在)

製品名 認証番号 技適申請状況
IC-7100 002-130006 申請準備中
IC-7100M 002-130007 認証済
IC-7100S 002-130010 認証済
IC-7300 002-150006 認証済
IC-7300M 002-150007 認証済
IC-7300S 002-150008 認証済
IC-7610 002-170003 認証済
IC-7610M 002-170012 認証済
IC-7700 002KN593 申請準備中
IC-7700M 002KN594 申請準備中
IC-7850 002-140007 認証済
IC-7851 002-140011 認証済
IC-9100 002KN581 申請準備中
IC-9100M 002KN587 認証済

注:対象は上記の認証番号の製品です。一部のモデルでは異なる認証番号の製品もありますが、それらは対象ではありませんのでご注意ください。

【お客様の手続きについて】

技適番号に変更はございませんので、お客様による変更申請などの手続きは不要です。当社での手続きが完了次第、新たな電波法令に対応する運用が可能です。

 

【ご注意点】

当社での手続きが完了(技術基準適合証明取得)するまでは、従来免許された範囲を超えて運用いただけません。以下のリンク先をご参照いただき、手続きが完了していることを必ずご確認いただいてから運用してください。

https://www.icom.co.jp/support/personal/giteki/

 

※免許状の指定事項に変更(例: 1.9MHz帯 A1A→3MA)が生じる場合は、変更申請をしていただく必要がございます。
※一括コードの3MAと4MAには2020年6月19日の時点ではJ3E(SSB)とA3E(AM)は含まれ ていません。従いまして、SSBやAMを運用するには変更申請が必要ですが、法令改正 が行われた後は変更申請を行うことなく運用が可能になります。