FAQ (よくある質問)

  • 絞り込み検索
  • フリーワード検索
Open

ジャンル・カテゴリ・タイプで絞り込み、FAQ (よくある質問)を検索することができます。

大分類選択
ジャンル選択
カテゴリ選択
サブカテゴリ選択

製品名・補足説明等のキーワードから検索することができます。

IC-780/IC-721/IC-732/IC-723/IC-726/IC-760PRO/IC-729/IC-736/IC-706
拡張された7MHz帯で運用するのに、改造が必要な機種は?

IC-706、IC-721、IC-723、IC-726、IC-729、IC-732、IC-736、IC-760PRO、IC-775DX2、IC-780
上記HF機シリーズで、7MHz帯の送信可能範囲が、7.000-7.100MHzであるものが対象です。

※上記以外のHF機は出荷時から対応していますので、改造は不要です。

※また、上記HF機でも過去のバンド拡張(1.8MHz帯、3.5MHz帯、3.8MHz帯)における対応で、7MHz帯も拡張になっている場合がありますので、実際に改造に着手する前に、まずは、お手元の実機にて拡張帯域(7.100-7.200MHz)での送信の可否を必ずご確認ください。


改造方法
下記から改造資料をダウンロードしてご確認お願いします。

(ご注意)
改造実施時、機器は重量物、かつ機器内部は鋭利な部分が多々ございますので、お怪我などをされないように、細心の注意を払ってください。

改造実施後、はじめの電源オン時に、自動的にリセットがかかりますので、必要に応じて、各種設定内容やメモリーの内容は、事前に紙などに書き出しておいてください。


JARL登録機種

IC-721 508KB (PDF)
IC-723 481KB (PDF)
IC-726 509KB (PDF)
IC-729 482KB (PDF)
IC-760PRO 258KB (PDF)
IC-780 254KB (PDF)

 

技術基準適合証明機種

(ご注意)
技術基準適合証明機種を改造すると、技術基準適合証明が無効となりますので、改造実施後は、技適証明番号抹消の措置を行ってください。
一度改造されますと、元の送信出力に戻されましても、技術基準適合証明機種にはもどりません。あらかじめご了承ください


(ご参考)
技術基準適合証明を使用して、当該無線機の免許を取得している場合は、変更届が必要となります。

 

IC-706 215KB (PDF)
IC-732 394KB (PDF)
IC-736 285KB (PDF)
IC-775DX2 311KB (PDF)


 

全般
リグ(IC-756PRO3など)を2台使ったたすき掛け運用を行いたいが、どのように接続すればよいか。

リグを2台使ったたすき掛け運用を行うには、外部インターフェイスを自作する必要があります。下記に、接続方法の一例を示しますのでトライしてみてください。

【1】1台を送信機、別の1台を受信機として使用する場合の接続について

周波数の連動

両機の背面の「REMOTE」ジャック同士を3.5φミニジャック(モノラルケーブル)で接続してください。

セットモード内の「CI-Vトランシープ」の設定を「ON」に、「CI-Vボーレート」の設定を両機とも同じ値(一例:9600)に設定してください。

上記の設定を完了すると、両機の周波数、モードは連動します。

送受信の切り替え

これは、送信機の電波が受信機に混入しないようする必要があります。そのため、1台で送信中は、もう1台をトランスバーターモードかつ送信状態に切り替えることが必要です。そのために、インターフェイスを制作してください。

送信機側のACC(1)ソケットの3番ピンと7番ピンを利用して、外部リレーを2個制御するような回路を作ってください。

外部リレー1は、送信機が送信状態の時に、受信機も送信状態になるように結線し、受信機のACC(1)ソケットの3番ピンをグランド(2番ピン)に落とすように結線してください。

外部リレー2は、送信機が送信状態の時に、受信機がトランスバーターモードになるように、受信機のACC(2)ソケットの6番ピンに電圧がかかるように(7番ピンと接続されるように)結線してください。

受信機のトランスバーター端子(XVERT)に、50Ωのダミーロードを接続してください。

外部リレー1、2は、2回路を持った1個のリレーで構成してもかまいません。

上記の接続を行うことにより、送信機が送信状態になったときに、受信機は、トランスバーターモードとなって、アンテナ端子から切り離され、さらに送信状態となってダミーロードで50Ωで終端されますので、送信波が受信機に混入して、受信部が破壊されることを防ぐことができます。

IC-7300S/IC-7300M/IC-7300
車載設置時、ヒューズホルダーが邪魔して、DCケーブルが通せない。

車載用トランシーバーは安全面を優先し、トラブル時にできるだけバッテリーに近い位置で電流を遮断できるよう、コネクタから遠い側にヒューズホルダーを付けています。

IC-7300/M/Sはブレードヒューズを採用しているためヒューズホルダーが大きく、狭いスペースを通すことは難しいかと思います。

これを解決するには、ピンセット等を使用してDCコネクタ部分の金属ピン(4本)を一旦抜いて、狭いスペースを通してから、再度ピンをコネクタにはめるという方法があります。細かい作業になりますので、十分に注意して行ってください。

IC-703
予備のDC電源ケーブルを購入したい。

IC-703用のDCケーブルは補修部品として購入できます。サポートセンターのメールフォームよりご依頼ください。

※直接発送させて頂く場合は、代引きとなり代引き送料(1,200円+税:手数料/梱包料込)のご負担をお願いいたします       

 部品名 OPC-1229

 部品番号 8900012050

 価格 ¥2,000+税

サポートセンターメールフォーム

IC-7410
移動する局として50Wの免許申請のため、最大出力を低減したい。

IC-7410の送信出力改造については、改造後の出力調整に専用の冶具と測定器が必要なため、弊社でのみ対応させていただいております。そのため、お客様への改造資料のご提供は行っておりませんので、ご了承願います。

改造後は、50W出力に改造したことを証明する修理明細書を発行致しますので、その修理明細書を添付して免許申請を行って下さい。自作機扱いの申請とはなりますが、改造方法などの面倒な資料の提出は必要なく、JARL登録機種同様の簡素な手続きにて、JARDやTSS株式会社の保証を受けて免許申請することが可能です。

・改造料金は¥7,000+税です。その他、無線機本体の移送にかかる費用もお客様のご負担となります。

本体の改造につきましては、機器をお買い上げいただきました販売店経由、もしくは、弊社で改造を承りますので、上記「お問い合わせ」よりアイユーズまでご相談ください。送り先は、弊社「紀の川事業所 リペアセンター」までお願いいたします。なお、これから機器をお買い上げいただく場合は、機器注文時に販売店にお申し付け下さい。

なお、IC-7410の50W改造タイプか、IC-7410Mの、100Wへの改造も同料金にて承っておりますので、お申し付け下さい。

一度改造されますと、元の送信出力に戻されましても、技術基準適合証明機種にはもどりません。あらかじめご了承ください

リペアセンター

IC-7400
送信中より受信中の方がクーリングファンの回転が早い。なぜ?

クーリングファンの回転数は、電圧に敏感なため、送信中にリグにかかるDC電圧がドロップすると回転数が下がり、送信から受信に切り替わってDC電圧がアップすると回転数が上がるため、質問のような状況になります。

回避方法例

20A程度流したときでも、出力電圧が極力ドロップしないDC電源器を使用する。(参考:性能の良くないDC電源器の場合、20A流すと2V以上電圧がドロップするものもありますのでご注意ください)

DC電源器が電圧可変タイプの場合、送信中でもリグ背面のDCコネクタのところで13.8Vが確保できるように、元のDC電源器の電圧をアップする。(ただし、リグの定格である13.8V+15%を超えない範囲で)

付属のDC電源ケーブルを必要最小限まで切り詰める。

IC-7410
保証書が入っていない。

保証書は取扱説明書の最終ページに印刷してあります。切り取ってご使用下さい。

同梱のバーコードシールを貼り付けると保証書として有効となります。万一、販売店とお買い上げ日の記入がない場合は、お買い上げ時の納品書/領収書/送り状などで代用可能です。

IC-7100S/IC-7000S/IC-7200S
50Wにしたい。100Wにしたい。

50Wもしくは100Wへの改造は、回路構成や使用部品の関係上実施できません。

ID-5100D/ID-4100D/ID-4100/ID-5100
Bluetoothでヘッドセットを接続している時、ヘッドセットではなく無線機に接続したマイクのPTTで送信操作はできますか。

できます。

なお初期設定では、PTTを押したBluetoothヘッドセットまたはマイクロフォンの音声を送信します。

音声はBluetoothヘッドセットから、PTT操作はマイクロフォンを使う場合は、[MENU]を押して[Bluetooth設定]-[ヘッドセット設定]-[ヘッドセット機能設定]で「マイク」を選択してください。(初期値は「ノーマル」です。)

IC-2730
Bluetoothでヘッドセットを接続している時、本体スピーカーからも音を出したい。

[MENU]キーを押して[MENU-EXMEN]から[Bluetooth設定(EXMEN-BT SET)]-[ヘッドセット設定(BTSET-HS SET]-[AF出力切換(HSSET-HS OUT)]で「HS+SP」を選択してください。(初期値は「HS」です。)

CS-51PLUS/CS-51/CS-31/CS-9700/CS-7100/CS-51PLUS2/CS-5100/CS-4100
クローニングソフトでメッセージに漢字を入力してエンターキーを押すと、消えてしまいます。

DVモードのメッセージで、漢字は使用できません。半角カタカナ、英数字、記号をご使用ください。(最大20文字)

なお海外局と交信する可能性がある場合、メッセージは英数記号のみにすることをお勧めします。

IC-7100
内蔵の時計がリセットされる。

内蔵時計のバックアップに充電式電池を使用しています。長時間、DC電源(13.8V)をIC-7100に接続されない状態が続いた場合、電池の電圧が低下して、時計の設定がリセットされます。

定期的にDC電源を接続することで電池が充電され、時計設定が保持されます。長期間ご使用になられない時は、3カ月ごとを目安に充電してください。

充電時間の目安は約2日です。

※無線機の電源のON/OFFにかかわらず充電されます。

IC-PW1
オートアンテナチューナーを入れて送信し、外部のパワー計で測定すると十分なパワーが出ていない。

内蔵のオートアンテナチューナーは整合状態でも挿入ロスが最大1dBあります。仮に1dBロスしたと仮定するとアンテナ端子からは約800Wしか出力されません。この場合、PW1の内蔵パワーメーターは、チューナーの前段で出力を見ていますので、1000W振れますが、チューナーの後段にあたる外部のパワー計は800Wしか振れないことになります。

50MHzなど高いバンドにおいては特に挿入ロスが見逃せませんので、できる限りアンテナ自体の調整でSWRを下げ、チューナーはスルーで使用されることをお勧めします。

AH-4
コントロールケーブルはどれだけ延長できますか。

動作保証ができるのは、純正オプションのOPC-420(10m)をご使用いただいた時の10mまでとなっております。

ただし、条件によっては20m程度まで延長しても問題なく動作する場合があります。お客様で延長される場合は、電圧降下を防ぐ意味で、可能な限りオリジナルより太い線(0.75SQ以上を推奨)かつ、回り込みを防ぐ意味で、可能な限りシールド線をご使用下さい。

IC-7800
メイン、サブのAF出力が逆側から少し漏れる。

メインレシーバーとサブレシーバーのAFアンプは、1つのICで構成しているため、アイソレーションが無限大とはなっておらず、極微少レベルで逆チャンネルのAFもミックスされて出てきます。これで正常ですので故障ではございません。安心してご使用ください。

IC-756PRO3/IC-756PROII
液晶表示が暗くなってきたが、バックライトの寿命は。

IC-756PRO2/IC-756PRO3で採用している液晶のバックライトの平均寿命(使用当初の輝度と比べて50%の輝度になるまで)は、約20,000時間です。

IC-PW1
電源を落とした状態でベアフット運用した場合、次にPW1の電源を投入すると、アンテナチューナーのバリコン位置がズレており、再チューニングが完了するまでの間、十分なパワーが出ない。

PW1の電源を落とす前に、先にアンテナチューナーをオフにして下さい。そうすることで、バリコン位置は保持されます。

IC-7000
受信音がプツプツと途切れてノイズが入る。

IC-7000はスコープ専用の受信回路を備えていませんが、受信回路とスコープ回路を短時間で切り替えることで、簡易バンドスコープの表示と同時に信号の受信も可能にしています。そのため、ご質問のようにプツプツとノイズが入るように聞こえますが、故障ではありません。これは、簡易バンドスコープ機能をオフにすることで回避できます。またスイープ速度を「SLOW」に設定することにより、受信回路とスコープ回路の切り替え速度を遅くすることもできます。詳しくは、取扱説明書p62をご参照下さい。

IC-7300S/IC-7300M/IC-7300
タッチパネルが動作しない。

タッチパネルが動作しないときは、以下の操作を行ってください。

①IC-7300の電源を切ります。

②「MENU」と「EXIT」を押しながら「POWER」を押して電源を入れます。「Touch Window Calibration」の表示が出ましたら、「MENU」と「EXIT」から手をはなします。

③画面の左上にドットが出ますので、そのドットをタッチします。

⑥次に右上、左下、右下と順番にドットが出ますので、そのドットをタッチします。

⑦最後に右下のドットをタッチしますと、IC-7300の電源が切れて再起動します。

⑧画面上の表示をタッチして動作を確認してください。

IC-7000S/IC-7000M/IC-7000
車載設置時、ヒューズホルダーが邪魔して、DCケーブルが通せない。

まず、車載用トランシーバーでは、安全面を優先し、トラブル時にできるだけバッテリーに近い位置で電流を遮断するため、コネクタから遠い側にヒューズホルダーを付けています。

IC-7000では、ブレードヒューズを採用しており、ヒューズホルダーが大きいため、狭いスペースを通すことは難しいかと思います。

これを解決するには、ピンセット等を使用し、DCコネクタ部分の金属ピン(4本)を一旦抜いて、狭いスペースを通してから、再度ピンをコネクタにはめるという方法があります。細かい作業になりますので、十分に注意して行ってください。