FAQ (よくある質問)

ジャンル・カテゴリ・タイプで絞り込み、FAQ (よくある質問)を検索することができます。

大分類選択
ジャンル選択
カテゴリ選択
サブカテゴリ選択

製品名・補足説明等のキーワードから検索することができます。

IC-M510J/IC-M510J
IC-M510Jの適合表示無線設備の番号が2つありますが申請時にはどちらを記載しますか?

IC-M510Jの場合は適合表示無線設備の番号が製造番号ステッカーに2つ刻印されております。
上下に刻印されている番号の下側の 001-で始まる番号を記載してください。

この番号は販売時期によっては変更される可能性がありますので、本体の製造番号ステッカーにてご確認ください。

ご参考:上側の番号は、コントロールソフトウェアRS-M500をインストールしたスマートフォン、無線LANインターフェースボックスCT-M500と接続するための、無線LANの適合表示無線設備の番号です。

リンク:適合表示無線設備の番号

更新日時
2022/08/10
参考になった
IC-R8500/IC-R8500
付属のジャンパーコネクターを購入したい。

付属のジャンパーコネクターは補修部品として購入できます。 サポートセンターのメールフォームでご依頼ください。

※IC-R8500ジャンパーコネクター(完成品)は販売が終了しました。部品個別での販売は可能ですが、お客様で組立が必要です。
 線材も4cm程度、ご用意ください。

※直接発送させて頂く場合は、代引きとなり代引き送料(1,320円(税込):手数料/梱包料込)のご負担をお願いいたします。    

 部品名 1490R(ハウジング)
 部品番号 6510001940
 単品価格 220円(税込)
 数量 1個

 部品名 1189TL(ビン)
 部品番号 6510007460
    単品価格 110円(税込)
 数量 2個 

IC-R8500 DCジャンパーコネクタ

サポートセンターメールフォーム
 

更新日時
2022/03/16
参考になった
RS-BA1 Version2/RS-BA1 Version2
Windows On ARM使用PCではRemote Utilityが接続できません。

Remote Utilityは仮想ドライバを使用しており、ARM CPUは仮想ドライバに対応していません。

更新日時
2022/03/16
参考になった
IC-M510J/CT-M500/IC-M510J/CT-M500
RXヘイラー、ヘイラー、汽笛機能は使用可能でしょうか。

IC-M510JとCT-M500を無線LANで接続してCT-M500側から音声が出力されます。

取扱説明書抜粋

更新日時
2022/03/14
参考になった
IC-9700/IC-705/IC-9700S/IC-9700S/IC-9700/IC-705
D-STARのDR機能を解除し周波数表示に戻すには

CALL(DR)ボタンを短押しします。

更新日時
2022/03/14
参考になった
IC-7300/IC-7610/AH-730/IC-7300/IC-7610/AH-730
AH-730は150Wでの連続送信が可能ですか?

・最大定格入力電力:
   平均電力(AVE) 100Wです。連続出力可能です。
   尖頭電力(PEP)にて150W出力可能です。

   尖頭電力(PEP)の目安として CWや音声等、150W連続出力15分程度となっています。
   F1系(RTTY/FT8等)は平均電力送信(AVE)とお考え下さい。

更新日時
2022/03/14
参考になった
IC-R8600/IC-7100/IC-7300/IC-7610/IC-7100M/IC-7300M/IC-7100S/IC-705/IC-7610M/IC-7610M/IC-R8600/IC-7100S/IC-7100M/IC-7100/IC-705/IC-7300M/IC-7300/IC-7610
時計用バックアップ電池の交換を依頼したい。

バックアップ電池の交換は、技術料に点検料を適応いたします。費用は次の通りです。

点検料: 3,300円(税込)
部品代:     220円(税込)
送料 :     1,320円(税込) 
総合計:  4,840円(税込、荷造送料込)

点検作業には次の作業が含まれます。

■ファームウェアの更新
■レピータリストの更新
■動作点検

なお、動作点検にて故障が判明した場合、点検料はいただきませんが、技術料が必要になります。
修理費用につきまして、別途ご案内させていただきます。

更新日時
2022/01/26
参考になった
IC-R30/RS-R30I/IC-R30/RS-R30I
iOS端末アプリ「RS-R30I」で音声が聞こえない。

RS-R30Iを利用してiOS端末で受信音を聞くことはできません。
受信音を聞く場合は、弊社製VS-3をご利用下さい

更新日時
2022/01/11
参考になった
IC-DRC1MKII/IC-DRC1MKII
付属アンテナ以外で利用できるアンテナは?

技術基準適合証明(工事設計認証)で登録されたアンテナのみご使用いただけます。
アンテナメーカー製で「140MHz帯デジタル小電力コミュニティ無線機用」と記載されたアンテナであれば、ご使用いただけます。
なお144MHz帯アマチュア無線機用に設計されたアンテナはご使用いただけません。
資料にある、構成・型式および利得に合った、アンテナメーカー製の140MHz帯デジタル小電力コミュニティ無線機用アンテナをお選びください。

リンク:資料

更新日時
2022/01/12
参考になった
IC-DRC1/IC-DRC1
付属アンテナ以外で利用できるアンテナは?

技術基準適合証明(工事設計認証)で登録されたアンテナのみご使用いただけます。
アンテナメーカー製で「140MHz帯デジタル小電力コミュニティ無線機用」と記載されたアンテナであれば、ご使用いただけます。
なお144MHz帯アマチュア無線機用に設計されたアンテナはご使用いただけません。
資料にある、構成・型式および利得に合った、アンテナメーカー製の140MHz帯デジタル小電力コミュニティ無線機用アンテナをお選びください。

リンク:資料

更新日時
2022/01/12
参考になった
IC-705/CP-22/CP-23L/IC-705/CP-23L/CP-22
対応オプション(CP-22、CP-23L)について。

IC-705の対応オプションCP-22、CP-23L(シガレットライターケーブル)は急速充電器(BC-202IP2)用のオプションでございます。
IC-705の外部電源端子に接続することはできません。

IC-705_外部電源の接続

更新日時
2021/12/21
参考になった
IC-7300/IC-7610/IC-9700/IC-7300M/IC-7300S/IC-705/IC-7610M/IC-9700S/IC-9700S/IC-7610M/IC-9700/IC-705/IC-7300S/IC-7300M/IC-7300/IC-7610
各スイッチ、タッチパネルの操作ができない。

タッチパネルのスイッチは、抵抗膜方式でございます。指で軽く触れると動作するよう設計されています。

このため、液晶保護フィルムや保護シートを貼り付ける際は、液晶の枠内に収まるように貼りつけてください。

わずかでも斜めに貼り付け、液晶の枠外にはみ出た場合、その部分に常時圧力が加わり、タッチパネルが押された状態を
維持するため、無線機の操作ができない場合がございます。ご注意ください。

更新日時
2021/12/21
参考になった
IC-R30/RS-MS1I
RS-MS1I Bluetooth接続の方法。

RS-MS1I Bluetooth接続出来ない場合

・無線機側のペアリング/接続の機器検索欄に、対象iOS端末とのペアリング済でファームバージョンに依存せずBluetoothによる接続は可能です。
    常に最新の機器IDがございましたら削除してください。

    無線機器内設定・・・ MENU - Bluetooth設定 - ペアリング/接続


RS-MS1I でペアリングする方法

・ペアリングする場合、無線機は「相手機器からのペアリング」状態にしてRS-MS1I(iOS端末からではなくアプリケーション側)から
    接続してください。

    線機器内設定・・・ MENU - Bluetooth設定 - <<相手機器からペアリング>>
    RS-MS1I内設定・・・その他 - Bluetooth接続


確認事項

  RS-MS1I・端末のバージョンの確認をお願いします。RS-MS1Iは無線機側(IC-R30)の最新ファームバージョンでご使用する事を
  お勧めします。(2021年11月現在)

   RS-MS1I: 1.2.0以降
   端末側: iOS 12以降、iPadOS 13以降
   無線機側:Rev1.1以上 

更新日時
2021/11/25
参考になった
VE-CAM10/VE-CAM10D
インターネット越しにカメラの映像を見るための設定について

VE-CAM10/VE-COAM10Dのweb設定画面より
「ネットワーク」→「ポート設定」→「ポートマッピング」を順次選択して
「ポートマッピング」の項目で「ON」を選択することでインターネット経由での通信準備が整います。

なお、詳細な設定の入力内容については、お客様がご利用されているルーター設定などのネットワーク環境により
変わりますので弊社ではサポートしておりません。ご了承ください。

更新日時
2021/11/05
参考になった
ID-4100/ID-4100D/ID-52/IC-705/RS-MS1I
RS-MS1I Bluetooth接続で動作しない。


・無線機側のペアリング/接続の機器検索欄に、対象iOS端末とのペアリング済ファームバージョンに依存せずBluetoothによる接続は可能ですが、
   常に最新の機器IDがございましたら削除してください。

    関連:無線機器内設定・・・ MENU - Bluetooth設定 - ペアリング/接続

・ペアリングする場合、無線機は「相手機器からのペアリング」状態にしてRS-MS1I (iOS端末からではなくアプリケーション側)から接続して
   ください。

    関連:無線機器内設定・・・ MENU - Bluetooth設定 - <<相手機器からペアリング>>
          RS-MS1I内設定・・・その他 - Bluetooth接続

・RS-MS1I・端末のファームバージョンの確認をお願いします。RS-MS1Iは無線機側(ID-4100/ID-52及びIC-705)のファームバージョンに依存
    せずBluetoothによる接続は可能ですが、常に最新のバージョンでご使用する事をお勧めします。(2021年11月現在)。

    RS-MS1I: 1.2.0以降
    端末側: iOS 12以降、iPadOS 13以降
    無線機側:ファームバージョンに依存しません。

更新日時
2021/11/05
参考になった
MA-500TR/MA-500TRJ/MA-510TRJ
送信の間隔を教えてください。

国際規格 AIS class B規格 IEC62287-1に準じた規格で設計されています。
自船の対地速度が2ノット以下 3分間隔。
自船の対地速度が2ノットより速い場合 30秒間隔。

更新日時
2021/10/20
参考になった
AP-900/SE-900/AP-800/AP-80M/AP-9000/AP-90M/AP-9500/AP-95M
無線LAN機器の屋外利用について

無線LAN機器の屋外利用に関しましては、2.4GHz帯もしくは5.6GHz帯をご使用ください。
地域によっては5.2GHz帯の利用が認められることもあります。
5.2GHz帯のご利用にあたっては、管轄の総合通信局の審査および登録申請が必要になります。
詳しくは下記のリンクにあります電波用ホームページの無線LANの屋外利用についてを
ご参照ください。

無線LANの屋外利用について

更新日時
2021/10/07
参考になった
ID-52
ID-52のSメーターにはスケールが無いため、レポートを送ることができない。

ID-52のSメーター表示は下記リンクの別紙を参照ください。

ID-52のSメーター表示

更新日時
2021/10/07
参考になった
VS-3
付属の片耳タイプのイヤホンを購入したい。

製品SP-42をお買い求めください。(2021年8月現在)

弊社製品を取り扱う販売店に製品名 (SP-42) をお伝えいただきご注文ください。
価格 1,650円(税込)

更新日時
2021/08/25
参考になった
IC-2730/IC-2730D/ID-4100/ID-4100D
20W機と50W機のDCケーブルは共通ですか。

共通です。OPC-345となります。

現在、商品として取り扱っています。ご購入は弊社販売店にご相談ください。

2021年7月現在。

更新日時
2021/07/16
参考になった