FAQ (よくある質問)

ジャンル・カテゴリ・タイプで絞り込み、FAQ (よくある質問)を検索することができます。

大分類選択
ジャンル選択
カテゴリ選択
サブカテゴリ選択

製品名・補足説明等のキーワードから検索することができます。

ID-52
メモリーに入れてあるエアバンド帯の受信ができない。スピーカーのアイコンに×印が表示してある。

Bバンドはエアバンド周波数を受信できません。

Aバンドでのご使用をお願いします。

間違った例、Bバンド受信でスピーカーアイコンに×がついている

受信できません。

正しい例、Aバンドで受信できます。

IC-4077S/IC-4100/IC-4100D/IC-4110/IC-4110D/IC-4188D/IC-4300/IC-4300L/IC-4350/IC-4350L/IC-4400/IC-4400L/IC-4500/IC-4810/IC-4880/IC-5010/IC-MS4880/IC-MS5010/IC-RP4100/IC-RP4150W
この機種はスプリアス対応機種ですか。

はい、新スプリアス規格対応機種です。2022年12月1日以降も引き続きご使用いただけます。

AH-705
ニッケル水素電池等、2次電池は使えますか。

アルカリ乾電池をご使用願います。
 

SB-900
W56運用の場合 DFSによる通信切断が心配です
(レーダー検知の場合 そのchでの停波+移行先chで
1分間のレーダースキャン送信禁止状態になります)

親機2台で子機ローミング機能を使うと

DFS検知時 子機側を別の親機にローミングさせて通信切れを回避することが可能です。 

また2.4GHzを同時に接続しておきスパニングツリーで自動迂回させることも可能です。

SB-900
2波利用での中継通信は可能ですか

可能です 外部アンテナを1x1にした場合2.4GHz 5.6GHzで別々のアンテナが使えます。

ともに指向性アンテナを使用した長距離中継も可能です。

SB-900
アクセスポイントとして利用できますか。

可能です。 2.4GHz 5.6GHz 同時利用も可能です。

IC-DPR7BT/IC-DPR3
開設届で識別符号/適合表示無線設備の番号/無線設備の製造番号はどこに記載されていますか

バッテリーを外した無線機本体裏面にある無線機銘板に記載されています。

全般
開設届で識別符号/適合表示無線設備の番号/無線設備の製造番号はどこに記載されていますか

無線機のバッテリーカバーを外し、バッテリーを外した面にある無線機銘板に記載されています。

AP-9500/AP-9000
IPアドレスがわからなくなったのですが、調べる方法はありますか。

コンソールよりCLIでログインできる状態であれば 以下のコマンドで調査可能です

AP-9000 network local addr lan0 [enter]

AP-9500 network local addr [enter]

IC-DU5505C
アナログからデジタルへの切換方法は。

お買い上げの販売店にご依頼ください。

SB-900
5GHz帯を屋外ブリッジで使えるのですか?

W56を利用するので問題ありません

IC-DRC1MKII/IC-DRC1
付属アンテナ以外で利用できるアンテナは?

技術基準適合証明(工事設計認証)で登録されたアンテナのみご使用いただけます。

アンテナメーカー製で「140MHz帯デジタル小電力コミュニティ無線用」と記載されたアンテナであれば、お使いいただけます。

なお144MHz帯用アマチュア無線様に設計されたアンテナは使えません。

SB-900
一般的な5GHz W52/W53は使えますか

W52/W53は搭載されていません

IC-RP4100
チャンネル グループ合わせているのに中継通話ができない。この時、IC-RP4100のTX/RXも点灯しない

通話する無線機が中継用チャンネルになっていない。(直接通話チャンネルになっている)

無線機の画面に「中継」や「RPT」といった表示が出ていな場合、中継通話ができません。チャンネルボタンを押し変更していくと「中継」「RPT」が表示されますのでその状態でIC-RP4100に設定したチャンネルと一致させてください。

IC-R30
デジタルモードのデュアル受信はできますか。

デジタルモードの場合は、受信状態に関わらずMAIN側のみ音声出力と録音が可能。詳しい組み合わせについてはIC-R30仕様の「デュアル対応表」を参照してください。

IC-R30仕様

更新日時
2019/11/15
参考になった
IC-R8600
時計がリセットされる。

内蔵時計のバックアップに充電式電池を使用しています。

長期間、無線機をDC電源(13.8V)に接続しない状態が続いた場合、電池の電圧が低下して、時計の設定がリセットされます。定期的にDC電源を接続することで電池が充電され時計設定が保持されますので、長期間ご使用にならない時も、1カ月ごとを目安に充電してください。充電時間の目安は約2日です。

※無線機の電源のON/OFFにかかわらず充電されます。

更新日時
2019/11/15
参考になった
IC-R30
デジタルは何が聞けますか。

日本アマチュア無線連盟が推奨するデジタル通信方式D-STAR(DVモード)やデジタル簡易業務無線(DCR)のほか、 P25、dPMR、NXDN-VN、NXDN-Nの受信に対応しています。

更新日時
2019/11/15
参考になった
IC-R30/RS-R30A
ウォークマン®などのAndroid機器でも使えますか。

Android 5.0以降のBluetooth搭載モデルでGooglePlayがお使いいただける機種であれば、使えます。

更新日時
2019/11/15
参考になった
IC-R30
D-STAR(DV)モードに対応していますが、画像は受信できますか。

IC-R30とスマートフォンやタブレットをBluetoothで接続することで、RS-MS1AまたはRS-MS1IでD-STARの画像伝送を「受信」することができます。なおRS-MS1A/Iは「その他Bluetooth」を選択して接続してください。

更新日時
2019/11/15
参考になった
IC-R30/RS-R30I/RS-R30A
Bluetoothヘッドセットと併用出来ますか?

同時に使用することは可能です。IC-R30は音声通信とデータ通信を同時に行うことが可能なBluetoothが搭載されています。Bluetoothヘッドセットと組み合わせることで離れた位置からの運用するなど自由度が広がります。

更新日時
2019/11/15
参考になった