生産終了品ご注意:このページに掲載されている価格や内容は、作成された当時のものです。

HFオールバンド+50MHz(SSB/CW/RTTY/AM/FM) 100Wトランシーバー

IC-7410

  • 技適取得

進化した基本性能と多彩な機能が、本格的なHF運用を実現。

<100W タイプ> IC-7410 2アマ免許
希望小売価格
¥218,000 +税
<50W タイプ> IC-7410M 3アマ免許
希望小売価格
¥218,000 +税

進化し続けるアイコムの最新のDSP技術を投入

前モデルIC-7400のDSP (処理能力/ 120MFLOPS)に対し、IC-7410では処理能力/ 2000MFLOPSのDSPを採用しています。 さらに、高ダイナミックレンジと優れたS/Nを誇るAD・DAコンバーター (AK4620B)を搭載。 これらのDSP、AD・DAコンバーター等のデバイスの進化と、アイコムが長年に渡り自社で開発/発展させてきたソフトウェア、 DSPの性能を最大限に引き出す独自のデジタル信号処理アルゴリズムを活かしたIC-7800のAGC回路を継承しています。 また、3種類から減衰量を選べるマニュアルノッチフィルター、デジタルツイン PBT®をはじめとした混信除去機能、 パルス性のノイズに対応するノイズブランカー、頭切れのないVOX機能など、各種機能の向上も果たしています。

フラグシップ機の流れをくむダブルスーパーヘテロダイン方式を採用

ダブルスーパーヘテロダイン方式

受信方式は、トリプルスーパーヘテロダイン方式(IC-7400)から、 弊社フラグシップ機でも採用しているダブルスーパーヘテロダインへと進化。 歪みの原因となるミキサー、アンプ、フィルター等の回路を減らし、インバンドIMD特性を向上させています。 これにより、これまで内部歪みやノイズに埋もれ、聞き取れなかった微弱な信号も浮かび上がらせます。

上位機種に匹敵するIP3=+30dBmを実現(14MHz帯、Spacing/100kHz)

ダイナミックレンジ特性図

ダイナミックレンジ特性図

アナログ技術と先進のDSP技術を高次元で融合させることで、高ダイナミックレンジを実現しています。 さらに、第3次インターセプトポイント(IP3)は、上位機種と同等の+30dBmクラス(HF帯)を達成。 放送局や近隣のアマチュア局等の強力な信号が林立するような状況下であっても、目的の信号をしっかりと捕らえます。

15kHz/6kHz/3kHzの1st IFフィルターを搭載

1st IFフィルター(6kHz/3kHz)〈オプション〉

1st IFフィルター(6kHz/3kHz)〈オプション〉

モードに応じて適切な通過帯域幅(FMモード時は15kHzのみ)に切り替えることができる3つの1st IFフィルター(15kHz、6kHz、3kHz)を搭載。 このフィルターは、IMDを改善するために、インピーダンス特性を重視しており、 特に3kHzの1st IFフィルターは近隣周波数の強力信号からの影響を効果的に軽減します。

※オプション

周波数安定度±0.5ppmを達成

TCXOタイプの高安定度基準発振水晶ユニットを採用することで、周波数安定度は±5ppm(IC-7400)から±0.5ppmまで向上。 高い周波数安定度が求められるRTTYモード時等において、より安定した運用が可能です。

大型ディスプレイの採用で視認性が向上

大型ディスプレイ採用

ディスプレイを大型化(IC-7400比)することで、周波数の確認、各種設定状況の把握が容易になりました。 情報の視認性が向上したことにより操作性が高まり、よりスムーズな運用が可能になります。

ツマミの大型化、独立により、操作性が向上

MIC/RF PWR/CW PITCHツマミを大型化した他、COMP/MONI GAIN/BK-IN DELAYツマミを独立させることで、操作性の向上を実現しています。

バンドスコープを標準装備

バンドのコンディションを一目で把握することができるバンドスコープを標準装備。 効率の良い運用が可能になります。

さらに磨きのかかったDSP機能群

高スペックの32ビット浮動小数点DSPの採用、及びDSPによるAGCループ内処理により、 デジタル機能群は飛躍的な性能アップを果たしています。

  • 2種類(シャープ/ソフト)から、しかも信号を受信しながら切り替えることができるデジタルIFフィルター。
  • 抑圧可変レベルを16段階で可変できるノイズリダクション。
  • 帯域内のビート妨害やチューニング等の不要信号を強力に減衰させるマニュアルノッチとオートノッチ。
  • 目的信号の上下から同時に混信を受けた場合に、絶大な威力を発揮するデジタルツイン PBT®(IFシフトとして動作させることも可能)。

多彩な高性能デジタル機能群が、あらゆる状況で快適な運用をサポートします。

RTTYデモジュレーター&デコーダーを装備

ボドーRTTY用デモジュレーターとデコーダーを標準装備しているので、パソコンや外部機器なしでも、RTTYの電波を解読することができます。 また、微弱な信号も解読可能にするツインピークフィルターやゼロインを容易にするチューニングインジケーターも装備しています。

CW機能群も充実

CW PITCHツマミの大型化、独立したBK-IN DELAYツマミにより操作性が向上。 また、DSPによる波形整形機能、外部制御に対応した4chのメモリーキーヤー、多機能エレクトロニックキーヤー (スピード可変〈6~48WPM〉、長短レシオ〈2.8:1~4.5:1〉、極性反転、バグキー機能)など、 CWマニアのニーズを満たす充実の機能群を備えています。もちろん、フルブレークインにも対応しています。

バリコン式高精度アンテナチューナーを内蔵

1.9MHz帯~50MHz帯までをカバーする高速オートアンテナチューナーを内蔵。 リレーでステップ切り替えするタイプより、チューニング精度の高いバリコン式を採用しています。 また、一度マッチングさせた同調ポイントはメモリにバックアップされるため、 スピーディなバンドチェンジ、スムーズなマルチバンド運用が可能です。

背面にUSB端子を装備

背面USB端子

USB端子を装備しているので、リモートコントロールやパソコンとの音声信号入出力等を容易に行うことが可能。 RTTYの受信をUSB経由でパソコン画面に表示することもできます。 もちろん、従来のCI-Vリモート端子も装備しています。

大型のヒートシンクを採用

放熱効果の高い大型ヒートシンク

放熱効果の高い大型ヒートシンク

大型(IC-7400比)のヒートシンクを採用することで、放熱効果が向上。 高出力、長時間運用においても、安定したオペレーションが可能になります。

IPリモートコントロールソフトウェアRS-BA1 Version 2に対応

RS-BA1 Version 2 表示例

RS-BA1 Version 2 表示例

RS-BA1 Version 2 を使えば、イーサネット、IP網経由で離れた場所からIC-7410をコントロールすることができます。 もちろん、混信除去機能やフィルターの設定など、ほとんどの機能を遠隔操作することが可能です。

※遠隔操作に関する法令を順守して運用してください。

その他の機能

  • Sメーターレベルもアナウンスできる周波数スピーチ機能を標準装備
  • パワー、ALC、SWR(またはCOMP)の同時表示が可能なマルチファンクションメーター
  • バンドエッジ警告ビープ(機能オフも可)
  • VSC(ボイススケルチコントロール)機能
  • RFスピーチコンプレッサー
  • マイクイコライザーと送信帯域幅設定機能
  • 2タイプのプリアンプ〈相互変調特性重視のプリアンプ1〉と〈増幅ゲイン重視のプリアンプ2〉
  • アッテネーター(20dB)
  • 送受信イコライザー機能(低音・高音で各々11段階設定〈SSB/AM/FM〉)
  • 50波のトーンエンコーダーとトーンスケルチ機能を標準装備
  • トリプルバンドスタッキングレジスター
  • SSB、CWの切り替え時に役立つ周波数シフト機能
  • SSBモードでのBPF機能及び、CW/RTTYでの1/4倍ダイヤル減速機能
  • クイックスプリット機能
  • ±9.999kHzまで可変可能なRITとΔTX
  • 1Hzピッチチューニングと1Hz表示
  • プログラムスキャン、メモリースキャン、セレクトメモリースキャン、Δfスキャン
  • オートTS機能(感度2段切り替え)
  • AH-4コントロール回路

リアパネル

一般仕様

周波数範囲 受信周波数
<動作範囲>
30kHz~60.000MHz
<保証範囲>
500kHz~29.9999MHz
50.000MHz~54.000MHz

送信周波数

1.800MHz~1.875MHz
1.9075MHz~1.9125MHz
3.500MHz~3.580MHz
3.599MHz~3.612MHz
3.662MHz~3.687MHz
3.702MHz~3.716MHz
3.745MHz~3.770MHz
3.791MHz~3.805MHz
7.000MHz ~ 7.200MHz
10.100MHz ~ 10.150MHz
14.000MHz ~ 14.350MHz
18.068MHz ~ 18.168MHz
21.000MHz ~ 21.450MHz
24.890MHz ~ 24.990MHz
28.000MHz ~ 29.700MHz
50.000MHz ~ 54.000MHz
4630kHz

モード LSB/USB、CW、RTTY、AM、FM
メモリーチャンネル数 101ch (スキャンエッジ2ch含)
アンテナインピーダンス 50Ω (不平衡)
アンテナ端子 M型2系統
電源電圧 DC13.8V±15%
接地方式 マイナス接地
使用温度範囲 0℃~+50℃
周波数安定度 ±0.5ppm以内 (0℃~+50℃)
周波数分解能 最小1Hz
消費電流 受信時最大:3.0A
送信時最大:23A
外形寸法 315(W)×116(H)×343(D)mm (突起物を除く)
重量 約10.2kg (オプション含まず)

送信部

送信出力 SSB/CW/RTTY/FM:100W~2W
AM:27W~2W
変調方式 SSB:数値演算型平衡変調
AM:数値演算型低電力変調
FM:数値演算型位相変調
スプリアス発射強度 <スプリアス領域>
1.8~29.7MHz:-50dB以下
50MHz帯:-63dB以下

<帯域外領域>
1.8~29.7MHz:-40dB以下
50MHz帯:-60dB以下
搬送波抑圧比 40dB以上
不要側波帯抑圧比 55dB以上
マイクロホン
インピーダンス
600Ω

受信部

受信方式 ダブルスーパーヘテロダイン方式
中間周波数 1st IF:64.455MHz
2nd IF:36kHz
受信感度 (TYP)
SSB/CW (10dB S/N時)
1.8MHz~29.999MHz :-16dBμ (0.16μV) (プリアンプ1 ON時)
50MHz帯 :-18dBμ (0.13μV) (プリアンプ2 ON時)
   
AM (10dB S/N時)
0.5MHz~1.8MHz :+22dBμ (12.6μV) (プリアンプ1 ON時)
1.8MHz~29.999MHz :+6dBμ (2.0μV) (プリアンプ1 ON時)
50MHz帯 :+4dBμ (1.6μV) (プリアンプ2 ON時)
   
FM (12dB SINAD時)
28.0MHz~29.7MHz :-6dBμ (0.50μV) (プリアンプ1 ON時)
50MHz帯 :-10dBμ(0.32μV) (プリアンプ2 ON時)
スケルチ感度
(Threshold)
<SSB> +15dBμ (5.6μV)以下
<FM> -10dBμ (0.32μV)以下
(HF帯/プリアンプ1 ON時、50MHz帯/プリアンプ2 ON時)
選択度 (TYP) SHARP時 SSB (BW=2.4kHz)
2.4kHz以上/-6dB
3.4kHz以下/-40dB

CW (BW=500Hz)
500Hz以上/-6dB
700Hz以下/-40dB

RTTY (BW=350Hz)
500Hz以上/-6dB
800Hz以下/-40dB

AM (BW=6kHz)
6.0kHz以上/-6dB
10kHz以下/-40dB

FM (BW=15kHz)
12.0kHz以上/-6dB
22kHz以下/-40dB
スプリアス妨害比 70dB以上
オーディオ出力 2.0W以上 (8Ω負荷、10%歪率時)
オーディオインピーダンス

※定格はJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)測定法によります。
※定格・仕様・外観等は改良のため予告なく変更する場合があります。

おもな付属品

  • DC電源ケーブル
  • ACC用ケーブル付き13ピンプラグ
  • 予備ヒューズ
  • CW用キープラグ 他

製品カタログ

カタログ名 ファイルサイズ
IC-7410 4.95MB

取扱説明書

名称 製品名 補足説明
取扱説明書 IC-7410/IC-7410M
~ファームアップについて~ IC-7410/IC-7410M

ファームウェアなど

種類 製品名 バージョン 公開日
USBドライバー IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410/IC-7600/IC-7610/IC-7850/IC-7851/IC-9100 Version 1.20 2017.10.05
USBドライバー IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410/IC-7600/IC-7610/IC-7850/IC-7851/IC-9100/IC-9700 Version 1.30 2018.06.07
USBドライバー IC-7100/IC-7200/IC-7410/IC-7600/IC-9100 Ver. 1.10 2013.04.12
ファームウェア IC-7410/IC-7410M Release 1 2013.08.08

よくあるご質問

IC-7000/IC-703/IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7400/IC-7410/IC-756PROIII/IC-7600/IC-7610/IC-9100/AH-4
AH-4は1.9MHz帯の通信に使用できますか。

AH-4の対応周波数帯は、3.5~50MHz帯です。1.9MHzは対応していません。

更新日時
2021.05.13
参考になった
IC-7410
移動する局として50Wの免許申請のため、最大出力を低減したい。

IC-7410の送信出力改造については、改造後の出力調整に専用の冶具と測定器が必要なため、弊社でのみ対応させていただいております。そのため、お客様への改造資料のご提供は行っておりませんので、ご了承願います。

改造後は、50W出力に改造したことを証明する修理明細書を発行致しますので、その修理明細書を添付して免許申請を行って下さい。自作機扱いの申請とはなりますが、改造方法などの面倒な資料の提出は必要なく、JARL登録機種同様の簡素な手続きにて、JARDやTSS株式会社の保証を受けて免許申請することが可能です。

・改造料金は 7,700円(税込)です。その他、無線機本体の移送にかかる費用もお客様のご負担となります。

本体の改造につきましては、機器をお買い上げいただきました販売店経由、もしくは、弊社で改造を承りますので、上記「お問い合わせ」よりアイユーズまでご相談ください。送り先は、弊社「紀の川事業所 リペアセンター」までお願いいたします。なお、これから機器をお買い上げいただく場合は、機器注文時に販売店にお申し付け下さい。

なお、IC-7410の50W改造タイプか、IC-7410Mの、100Wへの改造も同料金にて承っておりますので、お申し付け下さい。

一度改造されますと、元の送信出力に戻されましても、技術基準適合証明機種にはもどりません。あらかじめご了承ください

リペアセンター

更新日時
参考になった
IC-7410
保証書が入っていない。

保証書は取扱説明書の最終ページに印刷してあります。切り取ってご使用下さい。

同梱のバーコードシールを貼り付けると保証書として有効となります。万一、販売店とお買い上げ日の記入がない場合は、お買い上げ時の納品書/領収書/送り状などで代用可能です。

更新日時
参考になった
IC-7000/IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410
付属品にあるACCソケット用のプラグ(ケーブル付き13ピンプラグ)をもう1個入手したい。

補修部品として購入できます。サポートセンターのメールフォームよりでご依頼ください。

※直接発送させて頂く場合は、代引きとなり代引き送料(1,320円(税込):手数料/梱包料込)のご負担をお願いいたします                                   

 部品名 OPC-596

 部品番号 8900006110

 価格 1,760円(税込)

サポートセンターメールフォーム

更新日時
参考になった
IC-7000/IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7400/IC-7410/IC-756PROIII/IC-7600
移動する局として免許申請したいので、100Wタイプを50Wに改造したい。

改造のご依頼は、機器をお買い上げいただきました販売店、または弊社「紀の川事業所リペアセンター」に送って下さい。改造料金 7,700円(税込)および送料はお客様のご負担となります。

改造後は50W出力に改造したことを証明する修理明細書を発行しますので、その修理明細書を添付して免許申請を行って下さい。自作機扱いの申請とはなりますが、改造方法などの面倒な資料の提出は必要なく、JARL登録機種同様の簡素な手続きにて、JARDやTSS株式会社の保証を受けて免許申請することが可能です。

・改造後の出力調整に専用の冶具と測定器が必要なため、お客様への改造資料のご提供は行っていません。

・一度改造すると、元の送信出力に戻しても技術基準適合証明機種には戻りません。

リペアセンター

更新日時
参考になった
IC-7200/IC-7000/IC-7000M/IC-7000S/IC-7410
予備のDC電源ケーブルを購入したい。

純正DCケーブル(ヒューズホルダー付き)は補修部品として購入できます。

サポートセンターのメールフォームよりご依頼ください。

※直接発送させて頂く場合は、代引きとなり代引き送料 1,320円(税込):手数料/梱包料込)のご負担をお願いいたします     

 部品名 OPC-1457-1

 部品番号 8900021450

 価格 3,080円(税込)

サポートセンターメールフォーム

更新日時
参考になった