144MHz+430MHz+1200MHz 〈SSB/CW/RTTY/AM/FM/DV/DD〉50Wトランシーバー

IC-9700

  • 技適取得

1200MHz帯を標準装備した至高のVHF/UHF専用機。

<50W タイプ> IC-9700 3アマ免許
希望小売価格
¥188,000 +税
<20W タイプ> IC-9700S 4アマ免許
希望小売価格
¥188,000 +税

144/430MHzに加え1200MHzを標準装備。AM、DV/DDを含むオールモードに対応

オプションを追加することなく、144/430/1200MHz帯のマルチバンド運用を楽しむことができます。さらに、日本アマチュア無線連盟が推進するアマチュア無線のデジタル通信D-STARのDV(デジタルボイス)とDD(デジタルデータ)モード、さらにはAMモードも搭載。また、144/430/1200MHz各バンド用にアンテナ端子が装備されています。

デジタル技術を結集したRFダイレクト・サンプリング方式を採用(144/430MHz帯)

HF機で高い評価を得ているRFダイレクト・サンプリング方式を採用(144/430MHz帯)。複雑なアナログ処理をFPGAで一括デジタル処理するこの方式は、アナログ信号の処理過程においてアナログミキサーで起こるような非線形歪みが発生しません。そのため、信号のピュアリティが非常に高く、クリアな送受信音を引き出すことができます。また、FPGAとCPUソフトウェアの協調処理により、HF高級機に匹敵する高速リアルタイムスペクトラムスコープを実現しています。1200MHz帯では、ダウンコンバージョンIFサンプリング方式を採用しています。

タッチ操作に対応したTFTディスプレイが、直感的な操作を実現

4.3インチのTFTディスプレイはタッチ操作に対応。周波数やモードはもちろん、サテライト通信やD-STARをはじめとした各種設定もグラフィカルなメニュー画面から直感的に操作することができます。メモリーネーム等、タッチパネルのソフトキーでスムーズに入力できます。

V/UHF機初、高性能リアルタイムスペクトラムスコープ&ウォーターフォール表示を実現

リアルタイムスペクトラムスコープ

リアルタイムスペクトラムスコープ
&ウォーターフォール表示例

V/UHF機で初めて高性能リアルタイムスペクトラムスコープとウォーターフォール表示を実現。高速リアルタイムスペクトラムスコープを使えば、バンドの状況を把握したり、目的の信号に素早くアクセスしたりすることができます。また、ウォーターフォール表示により、受信信号の履歴を時系列で確認することも可能です。

2波同時受信、フルデュプレックス運用に対応

2波同時受信表示例

2波同時受信表示例

2波同時受信機能(異なるバンド、異なるモード)に対応しています。1200MHz帯のAM、144MHz帯のFMを同時にワッチするといった運用が可能。コンテストやDXハンティング等に絶大な威力を発揮します。また、メインで送信しながらサブで同時に受信するフルデュプレックスにも対応しているので、簡単な操作でテレフォンスタイルの交信やサテライト通信が楽しめます。

送受信音の波形を見ながらモニターできるオーディオスコープ機能を搭載

送受信音のFFTスコープ、オシロスコープの表示、相手局送信波の変調特性や、自局のマイクコンプレッサー効果を目で見てモニタリングすることができます。さらに、受信音のスペクトラム表示によるフィルター幅やノッチ特性を、目で見て確認することも可能。また、オシロスコープではCWのキーイング波形を視認することもできます。

安定した高出力、省エネを実現する新設計のパワーアンプ

高出力、省エネを実現する新設計

上記写真は15分間連続送信した際の背面シャーシ温度の比較です。IC-911Dが65度まで発熱しているのに対し、IC-9700は45度までしか温度が上昇していません。

新設計パワーアンプにより、高効率で安定した出力<144/430MHz帯:50W>を実現。さらに、新設計のクーリング構造により本体の温度が上昇しにくく、長時間にわたるコンテストや移動運用でも安定した運用が可能です。また、省エネにも大きく貢献しており、IC-911Dと比較した場合、送信時20A→15A以下と大幅に消費電流を軽減しています。

快適なD-STAR®運用を可能にする多彩な機能

DR機能表示例

DR機能表示例

D-STARは初めてという方にもわかりやすいと好評のDR(D-STAR レピータ)機能を搭載しています。また、2波同時受信&同時復調にも対応。2波同時受信するだけではなく、メイン/サブ両方の信号を復調することができます。さらに、DD(デジタルデータ)モードにも対応しているため、レピータ局やアシスト局、ゲートウェイを介してインターネットに接続することも可能です。

ターミナルモード/アクセスポイントモード

IPアドレス設定表示例

IPアドレス設定表示例

IC-9700では本体に固定IPアドレスを設定することが可能。ルーターにIPアドレスを設定しておくことで、スマートフォンやパソコンなしで、ターミナルモードやアクセスポイントモードでの運用が可能になります。

接続イメージ図(アクセスポイントモード接続例)

※運用の際は、取扱説明書をご覧ください。

IC-7300と同様の操作系を採用

IC-7300, IC-9700

IC-9700(左)、IC-7300(右)

ダイヤルやボタン類は、ほぼIC-7300と同様のレイアウト。表示画面、メニュー画面もIC-7300の仕様を継承しています。IC-7300をお持ちの方なら、マニュアルを見なくても操作に迷うことはありません。IC-9700とIC-7300を組み合わせることで、HFから1200MHz帯まで、快適に運用していただけます。

簡単操作のサテライトモードを搭載

簡単な操作でサテライト通信を楽しめるサテライト専用モードを搭載。しかも、サテライトモードでもスペクトラムスコープを活用できます。

ノーマル/リバーストラッキング機能

リバースシフトはもちろん、周波数の差が一定になるノーマルシフトにも対応しています。

AFC機能

ドップラー効果による周波数の変動に自動的に追従し、常に安定した受信を実現します。

99chのサテライト専用メモリー

アップリンクとダウンリンクの周波数、モードをメモリーできるサテライト専用メモリーを99ch搭載。ワンタッチで追尾したい衛星の送受信周波数、モードに設定することができます。

UDPホールパンチ機能

UDPホールパンチ機能を使うことで、往路で使用したポートを使って復路の信号が戻ってきます。ホテルや公共無線LANサービス使用時などでルーターのポートが開放できない場合や、使用する端末にグローバルIPアドレスが割り当てられない場合でも、UDPホールパンチ機能を使うことで、アクセスポイントモードやターミナルモードで他局を呼び出して、その局からの応答に応えることができます。

※内蔵ゲートウェイ機能をご使用になる場合は、IC-9700バージョン1.10以上が必要です。
 アプリをご使用になる場合は、RS-MS3W/RS-MS3Aバージョン1.30以上が必要です。
※他局からの呼び出しを待ち受けることはできません。
※詳細、設定、その他の注意事項は取り扱い説明書をご覧ください。

IC-9700本体のみで画像の送受信、閲覧が可能。

スマートフォン等の端末に保存した写真を、トリミングアプリ(ST-4001A/ST-4001IまたはST-4001W)でサイズを調整し、LAN経由でIC-9700のSDカードに転送。IC-9700から送信することができます。音声通信(PTTオン)をしながらの画像伝送、ファーストデータによる一括画像送信が可能です。また、IC-9700で受信した画像をディスプレイに表示することもできます。交信しながら、画像の送受信、閲覧が、IC-9700本体のみで可能です。

DV画像伝送用画像リサイズアプリ

<ST-4001A>Android版:GooglePlayより無償ダウンロード
<ST-4001I>iOS版:App Storeより無償ダウンロード
<ST-4001W>Windows版:Icom HPから無償ダウンロード
※動作環境
Windows版 OS: Microsoft Windows 7(32bit版/64bit版)/8.1(32bit版/64bit版)/10(32bit版/64bit版)
Android版 OS: 5.0以降
iOS版
 iOS: 12以降、iPadOS: 13以降

その他の機能

  • 大音量でも歪みの少ない聞き取りやすいクリアな音質を実現。
  • RS-BA1に対応(サーバーPC機能搭載)&CI-Vによる電源コントロールが可能。
  • デジタルツインPBT®を搭載。
  • フルブレークイン、CWメモリーキーヤー、CW受信リバース機能をはじめとした多彩なCW機能群。
  • 音声の録音/CQマシンの音源など様々に活用できるSDカードスロットを搭載。
  • 送受信に対応した音声録再機能。
  • 表示画面キャプチャー機能。ほか

リアパネル

一般仕様

周波数範囲 <動作範囲>
144.000MHz~146.000MHz
430.000MHz~440.000MHz
1260.000MHz~1300.000MHz
<保証範囲>>
144.000001~146.000MHz
430.000~440.000MHz
1260.000~1300.000MHz
モード SSB、CW、RTTY、AM、FM、DV、DD
メモリーチャンネル数 メモリーチャンネル:297チャンネル (99チャンネル×3バンド)
プログラムスキャンエッジ:18チャンネル (6チャンネル×3バンド)
コールチャンネル:6チャンネル (2チャンネル×3バンド)
サテライトメモリー:99チャンネル
DR機能メモリー:2500件
アンテナインピーダンス 50Ω (不平衡)
アンテナ端子 3系統(144MHz帯:M型、430/1200MHz帯:N型)
電源電圧 DC13.8V±15%
接地方式 マイナス接地
消費電力 待受時:1.2A(TYP)、受信最大出力時:1.8A以下、
送信時:15A以下、10A以下
使用温度範囲 −10℃~+60℃
周波数安定度 ±0.5ppm以内 (−10℃~+60℃)
周波数分解能 1Hz
外形寸法 240(W)×94(H)×238(D)mm (突起物を除く)
重量 約4.7kg (オプション含まず)

IC-9700S

送信部

送信出力 144/430MHz帯
SSB/CW/FM/RTTY/DV:0.5W~50W、0.2W~20W
AM:0.125W~12.5W、0.05W~5W

1200MHz帯
SSB/CW/FM/RTTY/DV/DD:0.1W~10W、
AM:0.025W~2.5W
変調方式 SSB:数値演算型平衡変調
FM:数値演算型リアクタンス変調
AM:数値演算型低電力変調
DV:数値演算型GMSK変調
DD:数値演算型GMSK変調
スプリアス発射強度 <スプリアス領域>
144/430MHz帯:-60dB以下
1200MHz帯:-53dB以下

<帯域外領域>
144/430MHz帯:-60dB以下
1200MHz帯:-50dB以下
搬送波抑圧比 50dB以上
不要側波帯抑圧比 50dB以上
マイクロホンインピーダンス 600Ω

IC-9700S

受信部

受信方式 144/430MHz帯:RFダイレクト・サンプリング
1200MHz帯:ダウンコンバージョンIFサンプリング
中間周波数 331~371MHz(1200MHz帯)
受信感度
(プリアンプ:ON、フィルター:SOFT時)
SSB/CW(10dB S/N):-19dBμV (0.11μV)以下
AM(10dB S/N):0dBμV (1.0μV)以下
FM(12dB SINAD):-15dBμV (0.18μV)以下
DV(1% BER)(PN9):-9dBμV (0.35μV)以下
DD(1% BER)(PN9):4dBμV (1.59μV)以下
選択度 SSB(BW=2.4kHz):2.4kHz以上/-3dB、3.6kHz以下/-60dB
CW(BW=500Hz):500Hz以上/-3dB、700Hz以下/-60dB
RTTY(BW=500Hz):500Hz以上/-3dB、700Hz以下/-60dB
AM(BW=6kHz):6.0kHz以上/-3dB、15kHz以下/-60dB
FM(BW=15kHz):12.0kHz以上/-6dB、20kHz以下/-60dB
DV(CHスペーシング=12.5kHz):-50dB以下
DD(CHスペーシング=300kHz):-40dB以下
スプリアス妨害比 SSB/CW
144/430MHz帯:70dB以上、1200MHz帯:50dB以上

AM/FM/DV
144/430MHz帯:60dB以上、1200MHz帯:50dB以上

DD
1200MHz帯:50dB以上
オーディオ出力 2.0W以上 (8Ω負荷、1kHz、10%歪率時)
オーディオインピーダンス

※定格はJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)測定法によります。
※定格・仕様・外観等は改良のため予告なく変更する場合があります。

おもな付属品

  • ハンドマイクロホン HM-219
  • DC電源ケーブル   他

製品サポート・ニュース

  1. ソフトウェア

    IC-9700/IC-9700S のファームウェアを更新しました。

  2. トピックス

    D-STAR レピータリストとメモリーデータを更新しました。

製品カタログ

名称 ファイルサイズ
IC-9700 958.02KB
アマチュア無線機器総合カタログ 13.19MB

取扱説明書

名称 製品名 補足説明
取扱説明書 CS-9700
USBポート設定のヒント IC-7100/IC-7300/IC-7610/IC-7850/IC-7851/IC-9100/IC-9700
取扱説明書 IC-9700/IC-9700S
補足説明書 IC-9700/IC-9700S

(CI-Vコマンド説明)

活用マニュアル IC-9700/IC-9700S
仕様変更のお知らせ IC-9700/IC-9700S
画像伝送機能について IC-9700/IC-9700S/IC-705
UDPホールパンチ対応について ID-51 (PLUS2)/ID-31PLUS/ID-4100/ID-4100D/IC-9700/IC-9700S
アマチュア無線用語集 ID-92/ID-31/ID-51/IC-9100/IC-9100M/IC-7100/IC-7100M/IC-7100S/ID-5100/ID-5100D/IC-7300/IC-7300M/IC-7300S/ID-4100/ID-4100D/IC-7610/IC-7610M/IC-7610S/IC-9700/IC-9700S/IC-705

HF機、VHF/UHF機、デジタル機、受信機、固定機、携帯機、車載機、レピータ、PC、オプションで活用できるアマチュア無線用語集です。

操作説明書 ST-4001A/ST-4001I
操作説明書 ST-4001W
USBドライバーインストールガイド(USB3.0対応版) USB Driver (Ver.1.30) CS-7100/CS-9100/CS-9700/CS-R8600/IC-7300/RS-BA1/RS-R8600

Microsoft Windows 10/8.1/7用

ファームウェアなど

種類 製品名 バージョン 公開日
プログラミングソフトウェア CS-9700 Version 1.20 2019.10.11
USBドライバー IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410/IC-7600/IC-7610/IC-7850/IC-7851/IC-9100/IC-9700 Version 1.30 2018.06.07
レピータリスト IC-9700 200901 2020.09.01
ファームウェア IC-9700/IC-9700S Version 1.24 2020.07.31
PICTURE UTILITY SOFTWARE ST-4001W Version 1.00 2019.10.11

よくあるご質問

IC-9700
DV(デジタル音声)モードの2波同時受信は可能ですか。

異なるバンドであれば、2波同時受信&同時復調が可能です。メイン/サブ両方の信号を復調することができます。

更新日時
--/--/--
参考になった
IC-9700
SDカードを使用してレピータリストを更新するにはどうすればいいですか。

レピータリストの更新方法については、「SDカードを使ってレピータリストを更新する」を参照してください。

レピータリストの更新方法について

更新日時
2017.11.17
文書ID
1172
参考になった
IC-7100S/IC-7100M/IC-9700/IC-7100/IC-9100
DV(デジタル音声)モードで通信時、画面上部に「L」の表示が出ることがありますが、これは何を表しているのですか。

インターネット回線網を経由した通信時、パケットロスによってデータの一部を失うことがあります。パケットロスが発生した時は「L」を表示します。少し時間を空けてから再度呼び出してください。

※データが化けてパケットロスを受信したと誤認する場合があります。その場合は山かけ通信であっても、ディスプレイに「L」表示が点灯します。

更新日時
2019.10.15
参考になった
IC-7100S/IC-7100M/IC-9700/IC-7100/IC-9100
DV(デジタル音声)モードで受信時、ボリュームを絞っていたのに、突然大きな音量で受信した。

相手局がEMR(Enhanced Monitor Request)機能を使用して送信した場合、デジタルスケルチの状態に関わらず、一定レベルまで音量を自動的に上げて受信します。

※ EMR機能はD-STARシステムの標準機能です。

更新日時
2019.10.15
参考になった
IC-9700
画像伝送機能でSDカード内に保存した画像データを読み込まない。

下記を確認して下さい。

①画像データが正しいフォルダに入っていない

画像データは、SDカード内の[IC-9700]>[Picture]フォルダ内に入れてください。

②画像データサイズが大きい、またはファイル形式が異なる、またはファイル名が長い

無線機で使用できる画像は下記のとおりです。

ファイル形式:JPEG(.jpg)

画像サイズ:640×480、320×240,160×120(px)

ファイルサイズ:200KB以下

ファイル名:半角23文字(全角11文字と半角1文字)以下(拡張子を除く)

拡張子が「.jpeg」のファイルや、プログレッシブJPEGは使用できません。

アイコムのトリミングアプリ(ST-4001W:Windows版またはST-4001A:Android版)を利用することで、画像伝送に使えるサイズにトリミングすることができます。

トリミング用ソフトウェア(Windows版)

トリミング用ソフトウェア(Android版)

取扱説明書:画像伝送機能について

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
1.2GHz帯は10Wで運用して問題ないですか。

常置場所での運用は10Wで問題ありません。移動して運用する場合は出力を1Wに設定してください。

1.2G帯レピーターの出力は2017年に1Wに減力されていますが、個人局が常置場所で運用する場合の出力はmax10Wです。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
EME用にリニアアンプは接続できますか。

ACCコネクタに外部ALCとSEND端子を用意しています。

純正オプションではない他社製品を接続しての確認はしていませんので、端子規格に合わせてお客様側で動作を確認してお使いください。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
外部リファレンス入力はありますか。

10MHzの外部クロック同期を搭載しています。リアのSMAジャックに入力します。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
外部リファレンス入力で何ができますか。

1200MHzや、トランスバーターを付加してそれ以上の周波数でSSBやFT8などを運用する方が増えていますが、高い周波数でシビアな周波数安定度が必要な場合に、外部から精度の高い10MHzの基準信号を入力することで安定した周波数で運用することができます。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
「REF IN 10MHz」のSMAジャックには具体的に何を入力すれば良いですか。

1200MHzや、トランスバーターを付加してそれ以上の周波数でSSBやFT8などを運用する方が増えていますが、高い周波数でシビアな周波数安定度が必要な場合に、外部から精度の高い10MHzの基準信号を入力することで安定した周波数で運用することができます。

入力は±0.5ppm以下の高い精度が必要で、IC-7851(±0.05ppm)や、市販のGPS基準周波数発生器を利用するなどしてください。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
9600bpsのデータ通信はできますか。

できません。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700/RS-BA1
RS-BA1は使えますか。

RS-BA1 Version 2で使用できます。LANケーブルまたはUSBケーブルで接続して使用します。なお旧版のRS-BA1は使用できません。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
スコープは2バンド同時に表示できますか。

スコープはMAIN/SUBどちらか一方だけです。タッチパネルのインジケーターを押すとMAIN/SUBを切り替えることができます。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
EME対応でVHF/UHFを100Wに改造できますか。

VHFは100W、UHFは75Wに改造できます。改造費用7,000円+税と送料をお客様にご負担いただきます。改造をご希望の場合は、販売店様経由または直接弊社「リペアセンター」までお送りください。


《申請について》
EME改造後は技適対象外となります。
V/U帯の保証可能な範囲は50Wが上限のため、保証認定も対象外となります。EMEとして申請される場合は管轄の総合通信局へご相談ください。

リペアセンター

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
サテライト機能とはどのような機能ですか。

サテライト通信を運用しやすいようにMAIN/SUBの周波数トラッキング機能などが搭載されています。またサテライト専用メモリも99ch搭載しています。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
FROM選択項目で「最寄レピータ」が選択できません。どうすれば選択できますか。

無線機に外部GPSを接続して自局の位置情報が取得できている状態、またはマニュアルで位置情報を設定している場合のみ「最寄レピータ」の検索が可能です。なお無線機のレピータメモリに登録されていないレピータは、「最寄りレピータ」で検索できません。

【参考】月刊FBニュース2019年10月号テクニカルコーナー「ID-31PLUSモデルを外部GPSとして活用する」

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
・オールリセットをしたらDR機能が使えなくなった。
・[DR]キーを長押ししてもDR画面にならない。

無線機本体のレピータメモリが削除されると、レピータ機能が使えなくなります。

無線機に直接レピータ情報を登録するか、アイコムホームページよりレピータメモリをダウンロードし、SDカードを介して無線機に読み込んで下さい。

弊社にメモリー書き込み作業をご依頼される場合は、リペアセンターにお送りください。なお技術料金3,500円+税と本体の運送費用は、お客さまでご負担ください。

レピータリストの更新方法について

リペアセンター

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
外部GPSを接続した時、カレンダー設定ができない。

自作したGPS受信機を接続した場合、カレンダー設定ができなくなる場合があります。GPS受信機を取り外すとカレンダー設定ができるようになります。

なおクロスケーブルを介してID-31シリーズやID-51シリーズを外部GPS受信機として接続した場合は、問題ありません。

【参考】ID-31PLUSモデルを外部GPSとして活用する

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700
時計がリセットされる。

内蔵時計のバックアップに充電式電池を使用しています。

長期間、無線機をDC電源(13.8V)に接続しない状態が続いた場合、電池の電圧が低下して、時計の設定がリセットされます。定期的にDC電源を接続することで電池が充電され時計設定が保持されますので、長期間ご使用にならない時も、1カ月ごとを目安に充電してください。充電時間の目安は約2日です。

※無線機の電源のON/OFFにかかわらず充電されます。

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700/ID-4100/ID-51 PLUS2/ID-31PLUS/RS-MS3W/RS-MS3A
グローバルIPアドレスが払い出されていないネット環境ですが、DVゲートウェイ機能は使えますか。

「UDPホールパンチ」機能を使うことで、グローバルIPアドレスが払い出されていない環境でもDVゲートウェイ機能が使えます。ただし「UDPホールパンチ」機能を利用した場合、「待ち受け」はできません。

【参考】月刊FBニュース2019年6月号テクニカルコーナー「ターミナルモード/アクセスポイントモード専用ソフトウェアのUDPホールパンチ対応」

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700/ID-4100/ID-51 PLUS2/ID-31PLUS/RS-MS3W/RS-MS3A
グローバルIPアドレスが払い出されていないネット環境ですが、DVゲートウェイ機能は使えますか。

「UDPホールパンチ」機能を使うことで、グローバルIPアドレスが払い出されていない環境でもDVゲートウェイ機能が使えます。ただし「UDPホールパンチ」機能を利用した場合、「待ち受け」はできません。

【参考】月刊FBニュース2019年6月号テクニカルコーナー「ターミナルモード/アクセスポイントモード専用ソフトウェアのUDPホールパンチ対応」

更新日時
2019.11.15
参考になった
IC-9700/ID-4100/ID-51 PLUS2/ID-31PLUS/RS-MS3W/RS-MS3A
グローバルIPアドレスが払い出されていないネット環境ですが、DVゲートウェイ機能は使えますか。

「UDPホールパンチ」機能を使うことで、グローバルIPアドレスが払い出されていない環境でもDVゲートウェイ機能が使えます。ただし「UDPホールパンチ」機能を利用した場合、「待ち受け」はできません。

【参考】月刊FBニュース2019年6月号テクニカルコーナー「ターミナルモード/アクセスポイントモード専用ソフトウェアのUDPホールパンチ対応」

更新日時
2019.11.15
参考になった