ワイヤレスアクセスポイント

AP-900

  • 技適取得

過酷な運用環境を想定した堅牢仕様のIEEE802.11ac準拠ワイヤレスアクセスポイント

オープン価格

IEEE802.11ac対応、理論値867Mbpsの超高速通信

5GHz帯では、IEEE802.11ac規格を採用。最大867Mbps(理論値)の超高速通信を実現します。

5GHz/2.4GHzの二波同時通信 に対応

5GHz帯(W52/W53/W56)19チャンネル、2.4GHz帯13チャンネルを装備トラフィックの多いチャンネルを避けてスムーズに通信したり、干渉を軽減するチャンネル設定が可能です。また、5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信も可能です。

電波設計が容易

アクセスポイントを複数台設置するとき、相互干渉や接続端末の集中による 通信速度の低下を抑制する、送信出力可変機能と負荷分散機能を備えてい ます。また、周囲の電波状況に応じて自動的にチャンネルを設定する自動チャンネル選択機能も搭載。設置場所における電波設計をサポートします。

屋外など過酷な状況下での運用にも対応

アルミダイキャストの堅牢な筐体は、IP67防塵・防水性能を備えているので、屋外や粉塵の舞う工場内などにも設置可能。また、使用温度範囲も-20℃~55℃と、寒冷地や室温が高くなる場所での運用にも適した仕様です。

RoIP通信システムに最適

QoS機能などの機能のほか、無線LANトランシーバーシステム「IP ADVANCED RADIO SYSTEM」のAP自動検索や音声端末に最適化したレート制御、再送制御に対応するなど、RoIP通信システムにも最適です。

無線LANアクセスポイント管理対応

無線LAN アクセスポイントの運用状況やトラブルシューティングの情報収集および設定・運用の一元管理のほか、不正アクセスの検知やサイトサーベイ機能による、無線アクセスポイントによる通信状況の確認ができます。

その他の機能

  • 最大16グループのVLANグループ設定
  • PoE対応、
  • パケットフィルター機能
  • ネットワークをリアルタイムに監視するアクセスポイント管理ツールRS-AP3に対応

運用上のご注意

  • 技術基準適合証明を取得していますので、弊社指定以外のアンテナは使用できません。
  • 5.2/5.3GHz帯無線LANの使用は、電波法により、屋内に限定されます。

業種別活用例

無線LAN部(IEEE802.11ac/a/n準拠〈5GHz帯〉)

サポート規格 IIEEE802.11ac/a/n準拠 (W52/W53/W56対応)
(国内標準規格)ARIB STD-T71
使用周波数範囲 5GHz帯
通信速度 (IEEE802.11a準拠) 54Mbps(理論値)
(IEEE802.11n準拠) 300Mbps(理論値)
(IEEE802.11ac準拠) 867Mbps(理論値)

無線LAN部(IEEE802.11b/g/n準拠〈2.4GHz帯〉)

サポート規格 IEEE802.11g/b/n準拠
(国内標準規格)ARIB STD-T66
使用周波数範囲 2.4GHz帯
通信速度 (IEEE802.11b準拠)11Mbps(理論値)
(IEEE802.11g準拠)54Mbps(理論値)
(IEEE802.11n準拠)300Mbps(理論値)

無線LAN部共通仕様

セキュリティ WPA2、WPA、IEEE802.1X/EAP、WPA2-PSK、WPA-PSK、
WEP(64/128/152bit)、MACアドレスフィルタリング
グループ通信 SSID(ANY接続拒否機能対応)
送信出力 10mW/MHz以下
インターフェイス 外部アンテナ(SMA-J型)×2

有線LAN部共通仕様

インターフェース 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
RJ-45型コネクタ(MDI/MDI-X自動判別)×1
通信速度 1000Mbps/100Mbps/10Mbps(理論値)

コンソールポート

メンテナンスインターフェース 専用コネクター ×1

一般仕様

電源 PoE使用時:IEEE802.3af準拠機器より給電 最大12W
使用環境

-20℃~+55℃

5~95%RH (ただし結露なきこと)

※-20℃~0℃の環境では、電源投入して1時間以上経過してから、
 本製品をリセット(再起動)して通信を開始してください。

外形寸法 約215(W)×77.5(D)×191(H)mm (本体のみ、突起物を除く)
重量 約3.5kg (本体直付ケーブル、取付金具を含む)

・    定格・仕様・外観等は改良のため予告なく変更する場合があります。
・    記載している通信速度は理論最大値ですので実効速度は通信環境により異なります。

付属品

  • マストクランプ
  • Uボルト
  • アース線など
  • ※アンテナは別売です。

関連資料

製品サポート・ニュース

  1. ソフトウェア

    AP-900 のファームウェアを更新しました。

製品カタログ

カタログ名 ファイルサイズ
AP-900 510KB
ネットワーク製品総合カタログ 23.63MB

取扱説明書

名称 製品名 補足説明
安全上のご注意 AP-550/AP-560/AP-800/AP-900/BS-570/BS-900/SE-800/SE-900
取扱説明書 Ver. 1.26 AP-900
設定ガイド AP-900
設置工事説明書 AP-900

ファームウェアなど

種類 製品名 バージョン 公開日
ファームウェア AP-900 Version 1.26 2021.11.16

よくあるご質問

AP-90MR/AP-90M/AP-900/AP-80HR/AP-80M/AP-88C/AP-9000/AP-8000/AP-800/AP-80
VLANを使用せず、1台のアクセスポイントでゲスト用とオフィス用を別々に運用したいです。可能ですか。

パケットフィルターにより可能です。別々のSSIDを設定していただき、それぞれで端末同士の通信を遮断したり、ブロードバンドルーター以外に通信できないようにすることができます。詳細な設定方法については取扱説明書をご覧ください。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1122
参考になった
AP-90MR/AP-90M/AP-900/AP-80HR/AP-80M/AP-9000/AP-8000/AP-800/AP-80
WEB認証機能により、端末が無線接続後、特定のページを開くようにすることはできますか。

認証ページで認証後、特定のページを開くように設定することは可能です。ただし、認証ページを無くすことはできません。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1123
参考になった
AP-90MR/AP-90M/AP-900/AP-80HR/AP-80M/AP-9000/AP-8000/AP-800/AP-80
アクセスポイントに無線接続した端末が、ブロードバンドルーター以外にアクセスできないようにすることは可能ですか。同一ネットワーク上にあるファイルサーバー等にはアクセスできないようにしたいです。

パケットフィルターにより可能です。設定方法については取扱説明書をご覧ください。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1124
参考になった
AP-900/AP-800
アイコム製イーサネット電源供給ユニット以外からでも電源供給できますか。

IEEE802.3af対応のPoEハブからであれば電源供給できます。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1191
参考になった
AP-900/AP-800
外部アンテナは1本でも使用可能ですか。

可能です。ただし、アンテナ2本または3本使用時はストリーム数が2×2ですが、アンテナを1本のみ使用する場合は1×1になりますので、通信速度の最高値が半分になります。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1104
参考になった
AP-900/AP-800
他社のアクセスポイントとAP間通信は可能ですか。

弊社製アクセスポイントは他社製アクセスポイントとのAP間通信に対応しておりません。また弊社製アクセスポイント同士であっても、機種の組み合わせによってはAP間通信に対応しておりません。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1203
参考になった
AP-900/AP-80M/AP-9000/AP-8000/AP-800
無線クライアント同士の通信を禁止する機能はありますか。

パケットフィルター機能により可能です。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

更新日時
2017.05.29
文書ID
560
参考になった
AP-90MR/AP-90M/AP-900/AP-9000
AP間通信(WBR)で数珠つなぎの通信は可能ですか。

1台の子機に接続できる親機は1台のみです。したがいまして、子-親-子の3台までの数珠つなぎは可能ですが、それ以上接続することはできません。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1093
参考になった
AP-95M/AP-9500/AP-90MR/AP-90M/AP-900/AP-9000
端末を、最大何台接続できますか。

同時接続できる最大無線端末台数(初期値)は、2.4GHz帯で63台、5GHz帯で63台です。また、設定変更により最大2.4GHz帯で128台、5GHz帯で128台まで同時接続可能となります。ただし、通信する無線端末数を増やすことで通信速度が低下し十分な通信速度を確保できない可能性があります。実際の運用に最適な端末台数は、導入前の現地調査によりご確認ください。

更新日時
2017.05.29
文書ID
1127
参考になった
AP-900
AP-900 から SA-5(またはPoEハブ) までのイーサネットケーブルは、市販品を使用しても問題ないですか。

必ず本体に付属している20mのイーサネットケーブルをご利用ください。

これ以外は、本体に十分な電源電圧を供給できない恐れがあり、また防水・防塵性能についても保証できません。

更新日時
2019.02.04
文書ID
1310
参考になった
AP-900/AP-9500/AP-95M/BS-580BPA/BS-580SPA/BS-900/BS-900BPA/BS-900SPA/IP100H/IP200H/IP200PG/SB-900/SE-900/SE-900FW/SE-90M/SR-7100VN/SR-7100VN#31/VE-CAM10/VE-CAM10D
無線LAN機器は新スプリアス規格ですか。

はい、上記弊社販売の無線LAN機器については、製造年月や機種にかかわらず新スプリアス規格に該当します。

新スプリアス規格への移行後も継続して使用可能です。

弊社販売の無線LAN機器におきましては下記リンクをご参照ください。

アイコム製無線LAN機器一覧

更新日時
2021.08.13
参考になった
AP-900/SE-900/AP-800/AP-80M/AP-9000/AP-90M/AP-9500/AP-95M
無線LAN機器の屋外利用について

無線LAN機器の屋外利用に関しましては、2.4GHz帯もしくは5.6GHz帯をご使用ください。
地域によっては5.2GHz帯の利用が認められることもあります。
5.2GHz帯のご利用にあたっては、管轄の総合通信局の審査および登録申請が必要になります。
詳しくは下記のリンクにあります電波用ホームページの無線LANの屋外利用についてを
ご参照ください。

無線LANの屋外利用について

更新日時
2021.10.07
参考になった