ビル間通信ユニット

SB-900

IEEE802.11ac準拠、2.4GHz/5.6GHzの同時通信可能な高速ビル間通信ユニット

希望小売価格
160,000円+税

2.4/5.6GHz帯での高速同時通信が可能

最大867Mbpsの5.6GHz帯(W56)、最大300Mbpsの2.4GHz帯(通信速度はともに理論値)の同時通信が可能です。また、アクセスポイントとしてクライアントとの通信もできます。

DFSによる通信途絶を回避

W56では気象レーダーの電波を検出すると自動的にチャンネルを変更するDFS機能の実装が義務付けられており、通信が途切れることがあります。本製品は、ペアで設置することでシームレスなチャンネル変更を実現し、通信途絶を回避する子機ローミング機能を搭載しています。

内部/外部アンテナを選択可能

内部アンテナ及び外部アンテナを選択して使用することができます。内部アンテナは2.4/5.6GHz帯デュアルバンドに対応しています。内部/外部で異なる帯域を設定することもできます。

防塵・防水・寒冷地仕様、避雷器不要

防塵・防水構造(IP54)を実現しています。また、−20℃~+50℃の広い温度範囲で動作しますので、寒冷地などでの設置、運用も可能です。さらに、アンテナケーブルと本体アンテナ端子間に挿入する同軸避雷器が不要です

※長いイーサネットケーブルで配線する場合、イーサネットケーブルの給電部にも避雷対策を行うことをおすすめします。

その他の機能

  • SNMP
  • パワーレベル調整機能
  • DFS機能
  • ギガビットイーサネット
  • 仮想AP機能(最大16)
  • ANY接続拒否
  • 暗号化設定
  • 接続端末数制限
  • プロテクション機能
  • パワーレベル調整機能
  • MACアドレスフィルタリング(1024件/各仮想AP)
  • ネットワーク監視機能
  • VLAN対応
  • DHCPサーバー
  • パケットフィルター
  • スパニングツリー
  • RIP v1/v2
  • 無線LANルーティング
  • サイトサーベイ など

免許不要

技術基準適合認定を受けた無線ユニットを使用していますので、 無線局などの免許や操作するための資格は不要です。

一般仕様

電源 PoE使用時:IEEE802.3af準拠機器より給電 最大12W
※付属SA-4使用時はAC100V±10% 50/60Hz 最大20W
防塵・防水性能 IP54
使用温度範囲

-20℃ ~ +50℃
0℃ ~ +50℃ (コールドスタート)
5 ~ 95%RH (ただし結露なきこと)
※ -20℃~0℃の環境で電源を入れたときは起動確認後1時間以上放置してから再起動してください。

外形寸法 約140(W)×53.5(D)×120(H)mm(突起物を含まず)
重量 約1.2kg(本体直付ケーブル、取り付け金具を含む)
ケーブル長 約5m
適合マスト径 φ40~60mm
本体設定 Webブラウザによる設定/TELNET

有線LAN部

通信速度 1000Mbps/100Mbps/10Mbps(理論値)
インターフェイス 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
RJ-45型プラグ×1(MDI/MDI-X自動切替)

無線LAN部 IEEE802.11a/n/ac準拠〈5.6GHz帯〉

サポート規格 IEEE802.11a/n/ac準拠 W56対応
使用周波数範囲 5.6GHz帯(100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch)
通信速度(理論値)

(IEEE802.11a準拠54Mbps
(IEEE802.11n準拠 300Mbps
(IEEE802.11ac準拠 867Mbps

無線LAN部 IEEE802.11b/g/n準拠〈2.4GHz帯〉

サポート規格 IEEE802.11b/g/n準拠
使用周波数範囲 2.4GHz帯(1~13ch)
通信速度(理論値)

(IEEE802.11b準拠) 11Mbps
(IEEE802.11g準拠 54Mbps
(IEEE802.11n準拠 300Mbps

無線LAN部共通仕様

セキュリティ WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP(64/128/152bit)
<アクセスポイントモード時>WPA2、WPA、IEEE802.1X/EAP(使用暗号化方式はAES/TKIP)
MACアドレスフィルタリング
グループ通信 SSIDANY接続拒否機能対応
送信出力 10mW/MHz以下(2.4GHz帯)、50mW/MHz以下(5.6GHz帯)
アンテナ 外部アンテナSMA-J型×2 、内部アンテナ

付属品

  • イーサネット電源ユニット SA-5
  • 取付金具 MB-89(装着済)
  • アース線 など

関連資料

製品サポート・ニュース

  1. ソフトウェア

    SB-900 のファームウェアを更新しました。

製品カタログ

カタログ名 ファイルサイズ
BS-900/SB-900 324KB
ネットワーク製品総合カタログ 13.90MB

取扱説明書

名称 製品名 補足説明
設定ガイド SB-900
取扱説明書 SB-900
安全上のご注意 SB-900
設置工事説明書 SB-900

ファームウェアなど

種類 製品名 バージョン 公開日
ファームウェア SB-900 Version 1.03 2020.02.28

よくあるご質問

SB-900
5GHz帯を屋外ブリッジで使えるのですか?

W56を利用するので問題ありません

更新日時
参考になった
SB-900
一般的な5GHz W52/W53は使えますか

W52/W53は搭載されていません

更新日時
参考になった
SB-900
W56運用の場合 DFSによる通信切断が心配です
(レーダー検知の場合 そのchでの停波+移行先chで
1分間のレーダースキャン送信禁止状態になります)

親機2台で子機ローミング機能を使うと

DFS検知時 子機側を別の親機にローミングさせて通信切れを回避することが可能です。 

また2.4GHzを同時に接続しておきスパニングツリーで自動迂回させることも可能です。

更新日時
参考になった
SB-900
2波利用での中継通信は可能ですか

可能です 外部アンテナを1x1にした場合2.4GHz 5.6GHzで別々のアンテナが使えます。

ともに指向性アンテナを使用した長距離中継も可能です。

更新日時
参考になった
SB-900
アクセスポイントとして利用できますか。

可能です。 2.4GHz 5.6GHz 同時利用も可能です。

更新日時
参考になった