ホームアマチュア無線機器トップBEACONトップOnlineとーきんぐ > No.232「続・百均の価値あるアクセサリー」その4

Onlineとーきんぐ


前の記事  | 

No.232「続・百均の価値あるアクセサリー」その4

相も変わらず"百円ショップ"の売り場巡りを続けています。スマホ関連のアクセサリーに目新しい商品が見られなくなり、品種が固定化されてきたように見受けられます。それでも注意深くウォッチングしているとmicro SDカード用カードリーダー(100円+税)を見つけて掘り出しもの感を味わったくらいでLED関連で丸型の調光ライトに目がとまりました。側面のスイッチのマークに触れるだけで点灯する仕掛けが興味深く、ほかにも種類の違うものを加えて計6点を購入しました。今回はそのうちの3点を選抜して紹介いたします。

photo

点灯状態の調光タッチライト

調光タッチスイッチライト
(株)グリーンオーナメント(大阪府八尾市)の調光タッチスイッチライトです。直径75mm、厚み32mm、手のひらに乗るサイズに本体カラーが黒と白の2種類があります。スイッチのON/OFFはスイッチマークに指先で触れるだけ。その上、スイッチを長押しすると無段階で照度のUP/DOWNができます。電源ONで前回使用時の照度で点灯する調光記憶機能付きです。LED 1 SMD*、単4電池×3、連続点灯時間は約12時間です。

使い方の一例として、就寝時に照明を落として真っ暗にする習慣からトイレに起きるときに、この調光タッチライトを使います。暗闇の中でライトの回りを手探りで触れると電源ONとなり、ほのかな明かりで部屋の中を安全に歩くことができます。100円+税(乾電池別売)、ダイソーで購入しました。中国製。
*SMD(表面実装部品)とは、プリント基板の表面にはんだ付けのみによって実装することのできるように製造された電子部品のこと。

photo

化粧箱から取り出した調光タッチライト

photo

裏側の電池カバーを外して電池ボックス(単4電池×3)を装着します

5 LED スタンド
小型の電球色LEDスタンドです。写真のような使用状態で高さ約23センチのかわいらしいスタンドで読書灯として十分に機能します。商品の色は青みがかったグレーとミントグリーン、パープルの3種類があり、アルカリ単3電池×3個、本体の底面を開けると電池ボックスが現れます。連続使用時間は約48~54時間と化粧箱に記載があります。このLEDスタンドを旅行バッグに忍ばせて、読書灯やベッドサイト灯など、また停電時の非常灯として役立つと思われます。定格光束28Lm、100円+税(乾電池別売) ダイソー

photo

電球色の5 LEDスタンド

photo

発光体は電球色の5 LED

photo

裏蓋を開けると電池ボックス 単3乾電池3個の重さでスタンドが安定する

photo

点灯時のアングルライト

photo

電池ボックスに単4アルカリ電池×3を装着

ルーメンとルクス
照明具の明るさ(照度・ルクス)が的確に伝えられないもどかしさがあり、照度について少し調べてみました。照度は「労働安全衛生規則」および「事務所衛生基準規則」第2章:事務室の環境管理(第10条)で、作業内容を次のように区分して照度の最低基準を示しています。

[照度の最低値]
・精密な作業:300ルクス(Lx)以上
・普通の作業:150ルクス (Lx) 以上
・租な作業:70ルクス (Lx) 以上

「測定の位置」
水平面照度を測定する場合、測定する高さは作業対称の上面、もしくは上面から5センチ以内とし、指定のない場合は床上80±5cm、和室畳上40±5cmと規定されています。

ルーメンは「照明器具の明るさを示す単位」で、ルクスは「光に照らされた面の明るさ」を示す単位で、5 LEDスタンドの定格光束が28ルーメン(Lm)と化粧箱に記載がありますが、光に照らされた面の明るさ(ルクス)を知るために、写真のような照度計(AOPUTTRIVER AP-991Eを取り寄せて測定してみました。照度計の信頼性や校正の必要性を理解した上で、ここは簡易な測定方法と割り切って実測しましたので、あくまでも目安と受け取ってください。

商品名照度(Lx)発光色
調光タッチスイッチライト30白色
5 LEDスタンド319電球色
アングルライト50電球色
LED電球 100V 7W*700昼光色

*参考:60W形相当

photo

スタンド直下(約20センチ)にて照度の測定

アングルライト
(株)グリーンオーナメント(大阪府八尾市)のアングルライトです。3 SMD、単4乾電池×4、連続点灯約9時間、磁石の作用で台座のくぼみに沿って角度が調節できます。本体のカラーは青・赤・黒の3色で中国製です。100円+税(乾電池別売)

アングルライトの用途はクリスマスなどの飾りをイメージした商品なのでしょう。 部屋の明かりを落としてあるいは消灯してアングルライトを点灯すると、電球色と相まってロウソクの灯に似た温かみを感じます。照度計によりアングルライトから30センチ離れた真上で計測すると約50(Lx)でした。2~3個点灯することでオーナメント(飾り)効果が高まると考えられます。

まとめ
百均のLED照明器具が期待以上の品質であったことに認識を新たにしました。その上で「光に照らされた面の明るさ」にこだわり、照度計により照明器具の光に照らされた面の明るさ(ルクス)を実測し照度の比較を行いました。しかしながら照度は光源から計る距離や位置により変わるので、厳密な規定により計測すべきところを、照明器具の明るさを実感するために簡易型な照度計を持ち出して測ってみました。結論として、100円ショップの多彩な照明器具は用途を誤らなければよい買い物になることが分かりました。


前の記事  | 
←記事一覧