昭和2年(1927年)はわが国のアマチュア無線がスタートした年であった。この年に生まれた作間澄久さんはやがてコールサインJA1BCのハムになる。就職したテレビ局は、テレビ放送開局前夜であり、放送機器の組み立て・製作から手がけた。テレビ放送黎明期、発展期の多忙な中で、アマチュア無線を楽しんできた作間さんのこれまでを紹介する。