四国地方本部長の稲毛章(JA5MG)さんは、『アマチュア無線はやればやるほど楽しい』と、事あるごとに若い人に勧めている。稲毛本部長自身、これまでのアマチュア無線生活で、多くのアワード(特定条件を満たした局との交信記録を競った賞)に挑戦し、現在、そのアワード獲得数は実に1000以上になる。と同時に、稲毛さんがアマチュア無線業界で評価されているのは、業界関係の過去のデータを几帳面に整理されたことである。「教師の職にあり、休日が有効に使えたからですよ」と謙遜される稲毛さんのハム人生に触れながら、四国のアマチュア無線の歴史を発掘してみた。