わが国のアマチュア無線は、その発展とともに国際的にも活動の場を広げてきた。JARL(日本アマチュア無線連盟)は、積極的にIARU(国際アマチュア無線連合)や、ITU(国際電気通信連合)の活動に加わり、リーダーシップを発揮してきた。このため、関連国際会議には必ず参加し、また、関連諸国のアマチュア無線業界の発展支援などにもかかわってきた。

その国際活動の一端を担った一人に、九州・福岡の井波眞(JA6AV)さんがおられる。井波さんは九州地方本部長を18年間、JARLの理事を24年間、さらにJARL副会長として16年間務め、アマチュア無線業界の発展に貢献された。今、井波さんは「九州のアマチュア無線の歴史をまとめたい」という願を持つ。今回は、井波さんのハム人生とともにできる限り、その願望を実現する企画としたい。