あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

その他||トップページ



【ら行】

ライン・フィルター
トランシーバーなど無線装置のACライン(電源)に挿入する電波障害防止用または雑音抑制のためのフィルター。
ラウンドQSO
ラウンドテーブルQSOともいう。グループ局やクラブ局などの3人以上のメンバーが同じ周波数を使って、順番に送信し、全員が受信する交信方法。丸いテーブルに座った会議の参加者が順番に発言して行く様にならって、このようにいうようになった。
ラグチュー
気の合う仲間との「おしゃべり」のこと。多くのアマチュア無線家が交信しているのはこの「ラグチュー」。もともと英語の「Chew the rag」が語源だが、日本ではひっくりがえされて、「ラグチュー」というようになった。
落成検査
送信出力が200Wを超えるアマチュア無線局は、各地にある電気通信監理局の検査に合格することが必要。この検査を落成検査という。
ラジアル
英語で、radial 。アンテナエレメントの一部で放射状に配し、アースとしての動作をする。接地型のアンテナでは、アース(大地)への接続が必要だが、車載タイプなどの無線機に使用するアンテナでは、直接アースに接続することは出来ない。そこで、アースの代用をするためにラジアルが考えられた。
ラジエーター
英語で、radiator 。アンテナのエレメントのうち、放射器(輻射器)のこと。このエレメントから送信機の高周波出力を空中に発射。また、空中からの電波を受信する役目をする。
ラジオ・ダクト
英語で、radio duct 。よく晴れた風のない日には、地上付近よりも数10km上空に温度や湿度の高い逆転層が出来ることがある。VHF帯、UHF帯の電波は、この層に閉じこめられた形で、屈折を繰り返しながら、遠方まで飛んで行く。この層をダクト(管)に見立てて、「ラジオ・ダクト」という。
ラジオ・テレタイプ
アマチュア無線で行われているテレタイプ通信のこと。RTTY(Radio Teletypewriter)。テレタイプは、文字情報を国際標準の信号に変換して送信される通信で、ほとんど英文で送信される。元々、紙に出力されたものを見ていたが、パソコンの画面上に表示されるようになっている。
ラスト・レター
コールサインの最後のアルファベットのこと。テールレターともいう。たとえば、JA3YUAの「A」がこれに当たる。
ラバースタンプQSO
ラバー・スタンプ、つまりゴム印で押したように決まった文句だけで交信すること。英語の苦手な人が海外局と交信するとき、RTSレポート、オペレーターの名前とホームQTH(自宅の場所)、無線機やアンテナの紹介、天気の話題などに限られることが多い。
リアクタンス
英語で、reactance 。交流の回路で、交流成分の流れを妨げる要素(抵抗分)。単位はΩ(オーム)。コイルによる誘導性リアクタンス(XL)とコンデンサーによる容量性リアクタンス(XC)があり、XL=2πfL、XC=1/(2πfC)で表す。
リアルタイムバンドスコープ
受信音を聞きながらスコープする事ができる機能。たとえば、432.5MHzを受信しながら、バンドスコープを動作させしたとき、従来のバンドスコープではバンドスコープ中は432.5MHzの受信音を聞くことができなかった。しかし、リアルタイムバンドスコープでは、受信音を聞きながらスコープする事ができる。
リグ
英語で、rig 。アマチュア局で使用する無線機器のこと。
リターンロス
送信機の出力はアンテナからすべて放射されるわけではなく、アンテナによって反射され無線機側に戻ってくるが、この量をリターンロスという。
リーダビリティ
英語で、readability。受信信号の了解度のこと。通常 R(アール)といい、受信信号の了解度を1〜5の5段階で表す。
リチャージャブル・バッテリー
英語で、rechargeable battery 。充電と放電の繰り返しが可能なバッテリー(蓄電池)のこと。
リット
Receiver Incremental Tuningの略で、RITのこと。受信周波数を微調整する機能。クラリファイヤーともいう。
リップル
交流を整流した後の直流に含まれた交流成分のこと。
リップル含有率
整流後の直流に交流成分がどれだけ含まれているかを100分率で表したもの。
利得
英語で、Gain 。入力された値がどれだけ増幅され、出力されたかの比率を対数で表したもの。単位は、主にdB(デシベル)が使用される。電圧利得、電流利得、電力利得などがある。アンテナでは、1/2波長ダイポールアンテナを基準にして、どれだけの利得があるかをdBdで表し、1/4波長の無指向性アンテナと比べた値をdBiで表示する。
リニア・アンプ
英語で、linear amplifier 。入力と出力の関係が直線となる直線増幅器のこと。本来は、AMやSSBなどの振幅変調された信号を増幅するものだが、アマチュア無線では、送信機の出力電力を大きくする装置を指す。
リフレクター
指向性アンテナに付いているエレメントのうち、電波を反射させるもの。反射器。
リミッター
英語で、limitter 。一定の強さ以上の振幅をカットする振幅制限回路。FM受信機の中間周波増幅回路で、ある一定以上の振幅成分を除去し、雑音を取り除く。
リレー
英語で、relay 。電磁石に電流を流したり、切ったりして、スイッチをON/OFFする部品。小さな電力で大きな電力や高い電圧をON/OFFする場合などに使われる。また、無線機の送受信切り換えやアンテナ切り換えに使用する、スイッチの部分が同軸ケーブルと同じ特性を持つ同軸ケーブル切り換え用の同軸リレーもある。
了解
相手局の交信内容が理解できたときに使う。たとえば、「了解。了解しました」のようにいう。
了解度
RSレポートのR(Readability)のこと。相手局の交信内容がどれくらい了解できるかを5段階で評価する。VHF帯、UHF帯のFMモービルやハンディ運用のときは、RSレポートも代わりに「メリット1〜5」で表すこともある。
両波整流
全波整流ともいう。交流の+(プラス)側と−(マイナス)側の両方を取り出して、直流にする効率の良い整流方式。
臨界周波数
英語で、critical frequency 。電離層に向かって、地上から垂直に電波を放射し、徐々に周波数を高くしていくと、電波は最初は電離層で反射して戻ってくるが、ある周波数を越えると電離層を突き抜ける、この場合の電離層で反射され地上に戻ってくる最高の周波数を「臨界周波数」という。
隣接信号
互いに干渉したり、妨害したりする隣り合った2つの信号のこと。
ループアンテナ
英語で、loop antenna。長波や中波帯で使用されるループ状に作られたアンテナ。
ルーフサイド・アンテナ
自動車の屋根の横に設置するように設計されたGP(グランドプレーン)アンテナ。
ループ・テスト
英語で、loop test。衛星通信で,送信と受信が適性に行われているかを調べるためのテストのこと。つまり、衛星に向けて送信した電波が、別の周波数で再送信されてくるのを受信するテストである。
ルーフタワー
英語で、roof tower。家屋の屋根に設置する小型のアンテナタワーのこと。高さが2m〜10mのものまで各種ある。
ループ八木アンテナ
アンテナ・エレメントの形状が正方形、長方形や円形などループ状をした八木アンテナ。通常の八木アンテナに比べて指向性が鋭く出来る。エレメントの形状が円形に近づくため利得が高くなる。1200MHz帯以上のATV(アマチュアテレビ通信)など電波が減衰しやすいバンドでよく使われる。市販されているアンテナが少ないため、ほとんど自作される。
冷却フィン
英語で、cooling fin 。真空管やトランジスタなどを冷却するために設けられた冷却器にあるヒレ状の部分をいう。
励振増幅回路
英語で、drive amplifier。終段の電力増幅回路を動作させるため、その前段に設けられた増幅回路のこと。
レシーバー
受信機のこと。アマチュア無線の世界では、通信型受信機を指す。
レピーター
直接電波が届かない場所にいる人との交信を中継してくれる自動中継局のこと。レピーターは、日本アマチュア無線連盟(JARL)が28MHz帯/430MHz帯/1200MHz帯/2400MHz帯で全国各地に開設している。
レポート
交信する相手局に、その局のR(了解度)、S(信号強度)などの受信状態を報告することをいう。
ローカル
「近所の」という意味。ローカル局とは近くにある局、ローカル・エリアとは近隣のエリアのこと。
ローカル・オシレーター
スーパーヘテロダイン受信機やSSB送信機などの周波数変換のために設けられる局部発振回路。
ローカル・ラグチュー
英語で、local rag chew。近所のハム仲間と長時間にわたりオシャベリ(ラグチュー)すること。
ログ
英語で、log。無線局に備える無線業務日誌のこと。交信日時、相手局のコールサイン、信号状態などを記録する。ログ・ブックともいう。
ログメモリー
過去に送信した周波数を自動的に記憶しておき、瞬時に呼び出せる機能。次回の運用時に同じ周波数が呼び出せるので、快適運用が楽しめる。
ロケーション
英語で、location。電波の飛びに影響する周囲の状況、アンテナを設置してある場所をいう。
ロケーター
英語で、locator。送信地点や受信地点の正確な位置が確認できる道具(記号表や器械など)のこと。
ロス
損失のこと。入力と出力の間でエネルギーが失われること。同軸ケーブルによる減衰を「ケーブル・ロス」、TVIを除去するフィルタをアンテナに接続することによって発生する損失を「挿入損失」という。
ロータリー・エンコーダー
英語で、rotary encoder。回転機構を持ったパルス信号発生器。デジタル表示のトランシーバーでは、ダイアルツマミにこのロータリエンコーダが直結されており、ツマミの回転に応じてパルスをカウントし、運用周波数が変化するようにしている。
ロッド・アンテナ
英語で、rod antenna。伸縮自在のGP(グランド・プレーン)アンテナ。ラジオやラジカセなどのアンテナとして、利用されている。アマチュア無線では、移動運用するための50MHz用のアンテナなどに使われる。
ローテーター
英語で、rotator。八木アンテナなど指向性アンテナを360度回転させるためのモーター駆動装置。室内にあるアンテナの方向が分かるコントローラーで、遠隔操作する。
ローディング・コイル
英語で、loading coil。アンテナに直列に接続することによって、電気的にアンテナの長さが長くなったように働き、共振周波数を低くするための負荷コイルである。延長コイルともいう。ローディング・コイルを組み込んだアンテナは、ローディング・アンテナと呼ばれる。
ローパスフィルタ
一定の周波数(カットオフ周波数)以下の周波数成分の信号だけを通過させるフィルタ。LPF(Low Pass Filter)ともいう。
ローバンド
英語で、low band。1.9MHz帯、3.5MHz帯、3.8MHz帯など低い周波数帯のこと。これらのバンドで運用しているアマチュア無線家をローバンダーという。
ロールコール
英語で、roll call。無線の仲間が電波を使ってミーティング(会合)を行うとき、キー局が順番に参加者の点呼をすることをいう。
ロングパス
英語で、long path。電波が地球上を伝わるとき、通常、最短距離(ショートパス)を伝わるが、電離層の状況により反対の経路で伝わることがある。この伝搬の状態をいう。
ロングワイヤー・アンテナ
英語で、long wire antenna。文字通り、「長い電線」ということから分かるように数波長以上の長さの導線を使用し、グランド側をアース(大地)に接地したアンテナ。市販されている無線機のアンテナの出力インピーダンスは50Ω(オーム)なので、アンテナ・チューナーやアンテナ・カプラーなどを接続し、マッチングさせることが必要である。